今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

「え?キャストが登場しない!?」『オオカミ少女と黒王子』あんな所からのサプライズ登場で観客全員が大熱狂!

160429_ookami_02
『オオカミ少女と黒王子』
ウソから始まるドキドキ舞台挨拶!!
「え?キャストが登場しない!?」
あんな所からのサプライズ登場で観客全員が大熱狂!!

5月28日(土)から公開映画『オオカミ少女と黒王子』の公開に先駆けて、ジャパンプレミアを実施し、二階堂ふみ・山﨑賢人をはじめとするオールスター豪華出演者らが登壇した。

当日は、本作のキャッチコピー“ウソから始まる、人生最初のホンキの恋”にかけて、舞台からではなく、観客には内緒で客席からサプライズで登場!
会場に集まった1100人の観客たちから黄色い歓声が上がった。


 ≪イベント実施レポート≫

●日時:4月27日(水)
●場所:東京国際フォーラム ホールC
●イベント登壇者:二階堂ふみ、山﨑賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒、廣木隆一監督

160429_ookami_01

熱気に包まれた会場の舞台には誰もおらず、MCがキャストを呼びかけるとスクリーンに二階堂さんと山﨑さんの姿が映し出されました。実は本作のキャッチコピー“ウソから始まる、人生最初のホンキの恋”にかけて二階堂さん、山﨑さん、鈴木伸之さん、門脇さん、横浜さん、池田さん、玉城さん、吉沢さん、菜々緒、廣木監督が観客には内緒で客席に。会場からは悲鳴に近い歓声が上がりました。

ヒロイン・エリカ役を演じた二階堂ふみは「すごく力の入った自信作です。私も今、この流れに便乗していて足がフワフワしています。(緊張で)言おうとしていることが飛びました。皆さんの笑顔を見たら早くお披露目したいなと思いました。楽しんでください」と挨拶。今までの二階堂さんには珍しい、イマドキの女子高生役を演じた二階堂さんは「制服を着たのが久しぶり。制服だからこそ、エリカの気持ちの変化や芽生える恋の気持ちが描けます。等身大の女子高生を演じさせていただけて良かったです」と、自身の役柄についてコメントしました。

はち切れんばかりの歓声とともに登場したドSな黒王子・恭也を演じた山﨑さんは、「今日皆さんにこうしてもらえる日が来て嬉しく思います。すごく面白いので楽しんで帰ってください」と挨拶。ドSな役を演じた山﨑さんは、「(ドSは)役でしかできないので」と言いつつ、MCからのリクエストに応えて原作でも人気のドSセリフ「三回回ってお手からワンだな」を披露し、会場にいる女の子たちは「キャー!!!」という黄色い歓声を上げメロメロに!

恭也とクラスの女子の人気を二分する神谷を演じた鈴木は監督から「危うい感じでやって欲しい」と監督からリクエストがあったそうで、「いまだにああいう感じがわからず結構むずかしい」と演じる難しさを明かし、「エリカを取り合う役なので、そういうところを自然にできるようにしました。すごいプレッシャーですね。相手が山﨑さんなので。あのワンのあとは喋りづらくて困ってました(笑)」と笑いを誘いました。

二階堂さん演じるエリカと親友役を演じた門脇さんは「短い時間ではありますが、堪能してください」とコメントし、劇中では一緒にハンバーグをこねたり、渋谷の街を走ったそうで、二階堂さんとともに「楽しかったね~」と、仲の良さを見せました。
恭也の親友・健を演じた横浜さんは「空気感を大切に、とにかく明るく元気にこんな友達いたらいいなと演じたのでぜひ注目してただけると嬉しいです」と健のような明るい笑顔で場をなごませました。

クラスで一番イケてるグループの女子高生を演じた池田さんは、劇中で演じた役と自身の高校時代が違ったので不安だったそうですが、現場でキャストのみんなと顔を合わせていくうちに「高校生のテンションが湧き上がってきた!」と明かし、池田さんとともにイケてる女子高生役を演じた玉城さんも「エライザと友達なんで自然と言葉が出てきた」と自信を見せました。

エリカを密かに想う日下部を演じた吉沢亮は「やっとこうして皆さんにおみせできるということでわくわくしている。最後までキュンキュンして帰ってください」と挨拶。MCから「実際にエリカのような女の子がいたら?」という問いに対して「いくでしょ!あんな純粋でストレートで素直な子がいないから。エリカとの二人のシーンが僕も高校時代に味わったキュンとするシーンがあって。
こういうシーンが好きです」と、自身の高校生時代の淡いエピソードも明かしました。また、二階堂さんは「お亮って言いたい。現場でもメガネをかけていて、輝きがこぼれていて、平成のアラン・ドロンみたい」と吉沢さんを大絶賛しました。

恭也の上を行くドSな姉役を演じた菜々緒さんは、「本当に皆さんのパワーを吸収して帰りたいと思います」とコメントし「ドSを自然体で演じています」と、ナチュラルにドS発言をし会場からは笑いが起きました。

本作のメガホンを撮った廣木監督は「今日(映画を)観ていただくのでドキドキしています。今日観ていただいて応援してもらえると嬉しい」とコメントしました。

続いて、ヒロイン・エリカが“ウソ”をつく 事にちなんで、キャスト達が今までついた最大のウソを暴露。彼氏がいると“ウソ”をつく役を演じた二階堂さんは「人見知りって言いたい時期があった。人見知りってかっこいいと思っていたんですが、本当に言っていたら本当に人見知りになってしまって、あんまり言わない方が良いな」と自身のついたウソから困ってしまったエピソードを明かし、山﨑さんは集合写真を撮る際にいなかった吉沢さんに鈴木さんとプロデューサーのふりをして電話をかけたエピソードを告白しました。

一方鈴木さんは、小学生時代を振り返り、「小学校の頃、野球をやっていて自転車で帰っていたんですが、たまたまカモがいて、捕まえようと野球部のバッグをそのまま上におしつけて(自転車の)籠の中に入れた。帰って『大変だお母さん。カモが籠の中に入ってきた!』ってウソをつこうとしたんですが、家で飼えないので逃がしました」と珍エピソードを披露し、会場からは笑い声が。

門脇さんは「小学生の時、うそしかついていなかった」と笑いを誘い、「弟が生まれて、気を引きたくて『犬飼っている』『ピアノがある』とか言っていました。クラスメイトに寂しがって欲しくて『引越しします』と言ったり、100点取ったのにとったとかも。両親いると思う。ごめんなさい(笑)」と明かしました。

横浜さんは「幼稚園の時、先生にすごく可愛がられていて、『やだ』とか『嫌い』とか言っていたんですけど、好きだったんです」と、胸キュンエピソードを教えてくれました。

さらに、中学生からモデルをしていた池田さんは事務所の社長に内緒でお菓子を食べていたらばれてしまったエピソードを明かし、モデルの玉城さんも公表している体重から「1キロ2キロ増えてもばれないと思ってそのままにしている(笑)」と笑いながら、モデルならではの話を披露しました。

また、吉沢さんは「いまだにいきなり友達から何しているって言われたら、家にいるのにごめん仕事中でって嘘つきます」というウソを披露しMCから「生々しいですね(笑)」と突っ込まれると、「もともと決まっていたらいいんですけど、東京でも田舎のほうなのでいきなり呼ばれても時間かかるので(笑)」と付け加えました。

菜々緒さんは「ここ1~2年前の嘘なんですけど」と語りはじめ、「熟れている柿が大好きで、どうしても食べたくて。そういう柿をスーパーであさりまくっていたときに、『菜々緒さんですか?』と声をかけられて。熟れた柿を2つ抱えていたので、あまりにも恥ずかしすぎて『違います』と言いました(笑)。本当にすいません」と、かわいらしくも庶民的な行動に赤面しました。

キャストがそれぞれウソにまつわるエピソードで会場を沸かせ、監督が一番面白いキャストの“ウソ”にまつわるエピソード“ベスト・オブ・オオカミ少女(少年)”を発表。見事、カモを捕まえた珍エピソードを語った鈴木さんが“ベスト・オブ・オオカミ少年”に決定しました。

最後のフォトセッションでは、山﨑さん、鈴木さん、吉沢さんなどイケメン男性陣の掛け声に「キャー!!!」と歓声が沸き起こり、興奮に包まれた中イベントは幕を閉じました。

◆最後に映画を観る皆さんへコメント

二階堂:本当に今日は遠いところから、近いところからこうやってきてくださってありがとうございます。自分にとってもチャレンジな作品、キャラクターでとにかくたくさんの人に観てほしいです。本当にありがとうございます。

山﨑:本日は本当に沖縄から北海道まで各地からお集まりいただき本当にありがとうございます。ウソをつくところから始まる恋なんですけど、うまくいかないだろうっていうところから、成長していく物語です。ウソをついても自分の心に嘘をついちゃだめだなって思いました。今日は皆さんたのしんでください。


映画【オオカミ少女と黒王子】

原作は、日本中の女子が憧れ、ドキドキするシチュエーションで話題のコミック「オオカミ少女と黒王子」。2011年「別冊マーガレット」(集英社)で連載を開始し、既刊15巻にして、累計発行部数は540万部を突破! 街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをついたエリカ(二階堂ふみ)。ところが彼は同じ学校の佐田恭也(山﨑賢人)だった!事情を打ち明けると、「彼氏のフリをしてあげるよ」と優しすぎる言葉を投げかけてくれた恭也。理想の王子様!?と思った喜びもつかの間、「3回まわってお手からワン!だな」と突然ドS王子に豹変!!彼氏のフリをする条件としてエリカに突きつけられたのは、【絶対服従】という前代未聞の条件!ウソから始まる恋の行方はいったいどうなるの!?

二階堂ふみ 山﨑賢人/鈴木伸之 門脇麦 横浜流星 池田エライザ 玉城ティナ 吉沢亮/菜々緒
原作:八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:廣木隆一『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』 脚本:まなべゆきこ
製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:ookamishojo-movie.jp
公式Twitter:@ookamishojo_m
公式ハッシュタグ:#オオカミ少女と黒王子

5月28日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

©八田鮎子/集英社 ©2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会


【関連記事】
・TVアニメ『オオカミ少女と黒王子』DVD-BOXがスペシャルプライスで発売決定!

・見栄っ張り女子とドS王子のラブコメディー『オオカミ少女と黒王子』劇場公開日が5月28日(土)に決定!

アニメ声優初挑戦の土屋太鳳、満島真之介が登壇!『僕だけがいない街』完成披露試写会イベントレポート

羽海野チカ原作『3月のライオン』テレビアニメ&実写映画化決定!

「このマンガがすごい!」で1位を獲得した「さよならソルシエ」、ミュージカルの追加キャスト決定!!

コミックジーンで連載中の「ニーチェ先生」がドラマ化決定!


 

2016/04/29
アニメ イベント マンガ・ラノベ・本 レポート

アニロコのオススメ!

人気ランキング