今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【特報・画像有り】ルウム編が2017年始動!『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』初日舞台挨拶レポート

160521_origin_01

1979年にTV放送された、日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターの安彦良和氏が手掛けた、累計発行部数1,000万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』のアニメ化第3話『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』が5月21日(土)より全国15館にてイベント上映がスタートとなった。

その初日、シャア・アズナブル役の池田秀一、セイラ・マス役の潘めぐみ、ガルマ・ザビ役の柿原徹也、リノ・フェルナンデス役の前野智昭、漫画原作の著者でもある安彦良和総監督が登壇した舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて開催された。また今回初日上映で発表となったルウム編の新情報も、到着したばかりの画像をページ下部にてご紹介する。

ステージへとゲストが登壇し簡単な挨拶の後、まずは潘、池田、安彦総監督に初日を迎えた感想を聞いた。潘はファンの温かく優しい拍手で迎え入れられたことで、おかえりと言ってもらえた気持ちになったと話し、池田は『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』という作品を通してシャア・アズナブルと再会できたことが心から嬉しいと感謝の気持ちを告げた。安彦総監督は不安と期待が入り混じっていたそうだ。第3話は男っぽいドラマで殺伐としているのがあまり好まれないのではという不安と、ガルマなども出てきてようやく『機動戦士ガンダム』っぽい映像になってきたことを喜んでもらえるのではないかという両方の気持ちがあったのだという。

続いて前野、柿原にそれぞれの役を演じた感想を聞いた。前野はシャアの仮面にまつわるエピソードを持ったキャラクターと最初に聞いたそうで、重要なキャラだというプレッシャーもあったとのこと。だが役としては三枚目の明るいキャラクターだったので楽しく演じることができたのだという。柿原はガルマについて聞かれることが多いそうだが、ガンダムファンにとってはガルマはみんなの心の中に残っているキャラなので自分がこうだとキャラクターについて語れることはない、と謙遜。演じる上で士官学校でシャアと巡り合って色々なことを勉強していくガルマと、横でシャアを演じる池田から学ばせてもらう自分といった共通点を挙げ、このガルマは池田と一緒に作り上げたキャラクターだと語った。

作中では同期の池田、柿原、前野だが、池田からは劇場版『機動戦士ガンダム』の三部作の時がちょうど柿原たちの年代だったと語り、その頃を思い出しながら演じたといった話も聞けた。そんな池田と共演できた二人。前野は大好きだった『機動戦士ガンダム』という作品で池田と肩を並べて演じる機会があったことは自分にとって大きな財産だと語り、柿原は『機動戦士ガンダム』という大きな作品の歴史の血肉に少しでもなれるようにと思いながら、いい緊張感の中で演じることができて役者になって良かったと楽しさを噛みしめていると話した。そんな中、潘からは途中収録現場を離れ、再び戻ってくるとすごい熱気に包まれていたのを覚えていると、収録の様子が語られた。

本作の終了後には予告、特報が流れた。このことにも触れた。シャア・セイラ編が完結する4話は2016年秋に上映が決定。ララァも登場し、モビルスーツにも乗る。ワクワクする作品になっていると池田が語る。また特報としてルウム編の制作が決定した。2017年に始動する。「今までの応援のおかげです。大変気持ちが充実しています。良い作品をお届けできればと思います」と安彦総監督から感謝の言葉が伝えれた。

そして安彦総監督からこの3話の拘ったポイントも。この士官学校の話は若い頃の話なのでどれだけ膨らませるかと悩んでいて、映像に耐えうるところまでいけるかと心配なところもあったそうだが、オリジナルキャラクターとしてリノが加わったことで奥行きが出て良い話になったのだという。映像時に新しく要素が加わりブラッシュアップすることで良くなる例だったとして、今後もこういったものをみせていきたいと意気込みを語った。

最後にファンへとコメントが贈られた。

前野:今、思うことは特殊車両操縦評価がAだったとシャアに言われるんですが。時代が時代だったら彼もザクレロに乗って「黄色い隕石」という異名をもらっていたかもしれません。戦車の中で彼がどうなったかわからないというのも『機動戦士ガンダム』の魅力でまだチャンスはあるのではと思いつつ、今後は皆さんと一緒に
本作の行く末を見守ろうと思います。

柿原:ガルマだって何があるかわからないですからね(笑)池田さんに「柿原ガルマを作りなさい」と言ってもらえた。素敵な坊やを作っていけたらと思いますので、ガルマと『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』を愛して応援してもらえたらと思います。

潘:本編は男の戦場となってきました。戦いの中で見逃しがちだったのですが、コロニーにも夜が有って、朝焼けを迎えることができるんだなと思ったことでした。本当は当たり前のことなんだけども、戦いの中では忘れがちになることだと思いみなさんに伝えたいと思いました。他のみんなと一緒に戦い、生き延びていきたいと思います。

池田:『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』という作品を通して、シャア・アズナブルとの再開を果たし、みなさんとお会いできたことを嬉しく思います。制作はまだ半ばですが、これから先も良い作品を皆さんに提供したいと思います。

安彦総監督:ガンダムが作られてから37年。まだ本作も先が、先行きがあります。こうして自分も出てくるくらいの元気があり、絵描きとして現役でいます。その間にできるだけガンダムのために尽くしたいと思います。

キャストがステージを降りた後、安彦総監督がステージへと戻り、ファンに向けたフォトセッションも行われた。

160521_origin_02


 

160521_origin_03

シャア・セイラ編、完結。

160521_origin_04

2016年秋、上映決定!!

160521_origin_05 160521_origin_06

160521_origin_07 160521_origin_08

160521_origin_09 160521_origin_10


機動戦士ガンダム THE ORIGIN
ルウム編

160521_origin_11 160521_origin_12

160521_origin_13 160521_origin_14

160521_origin_15 160521_origin_16

2017年、始動!!


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』
大ヒット上映中!

配給:松竹

公式サイト: http://www.gundam-the-origin.net

公式Twitter:@G_THE_ORIGIN

©創通・サンライズ


【関連記事】

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 決起の篝火 暁の蜂起 プレミア上映会』レポート

第3話の公開は2016年春を予定!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア』初日舞台挨拶レポート

『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア』プレミアム上映会レポート

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ』の入場者プレゼントは安彦良和描き下ろしミニ色紙!『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』との連動キャンペーンも!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』前売り券第1弾が発売開始!

赤い復讐の始まり 明かされる過去。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』イベント上映日とBD&DVD一般発売日が決定!

新作カットを加えたディレクターズカット版『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』イベント上映&Blu-rayとDVDの発売が決定!『ガンダム THE ORIGIN』との連動キャンペーンも!


2016/05/21
アニメ レポート ロボット 声優

アニロコのオススメ!

人気ランキング