今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

舞台の上で、精一杯生き抜くだけ!舞台『曇天に笑う』、絶賛上演中!

160529_donten_02

オリジナル・キャラクターと独自の切り口で大ヒットを飛ばした舞台「曇天に笑う」がアンコールの声に応え、最強キャストで2016年5月~6月再演!絶賛上演中!

オリジナル・キャラクターと独自の切り口で大ヒットを飛ばした舞台『曇天に笑う』が、アンコールの声に応え帰ってきた!

2014年にTVアニメ放映された大人気コミックを原作とし、2015年2月の初演では、15回公演のチケットが即日完売、1万人を上回る動員を記録する大ヒット公演となった舞台『曇天に笑う』。

原作はアニメ放映以降も、シリーズ作品の連載や原画展の開催など、ファンを増やしながら大きく展開を広げているが、舞台もファンの熱いアンコールの声と、原作の盛り上がりを受け、一部新キャストを迎え、さらに大阪公演も加えたバージョンアップした作品として帰ってきた。

5月27日の初日を前に、ゲネプロと囲み取材が行われ、玉城裕規(曇天火役)、植田圭輔(曇空丸役)、百瀬朔(曇宙太郎役)、細貝圭(安倍蒼世役)、松田凌(金城白子役)、菜月チョビ(演出)が登壇、本作についての意気込みを語った。

160529_donten_01

町に災いをもたらす大蛇をめぐるサスペンスを主軸に、兄弟愛、人間愛を描く、涙と笑いの明治婆娑羅大活劇。
『曇神社』の曇三兄弟、地域の治安のために心を砕き、人々から愛されている。

そんな曇家三兄弟の長男・曇天火を演じる玉城は、体力的にもハードな本作について「千秋楽まで、生きて、笑って、終えられるように……1公演1公演、全力で死ぬ気で取り組んでいきたいと思います!」と意気込みを語る。

次男・曇空丸役の植田は新キャストということで、初演から約1年で再演がなされた本作に新たに参加することについて、「前作の方から役を引き継いで、演じるということは、背負わなくてはいけないものもあると思いますが、僕にしか出せないものは絶対にあると思っています。初演のいい空気もちゃんと踏襲しつつ、今回にしか出せない空気感を出していけたらと意気込んで稽古をやってきました」と熱い思いを語った。

そして同じくこちらも新キャストの松田は、これまでの原作もの舞台は、再現度やそのキャラクターをどう演じていくかを大事に演じてきたというが、今回は再現というよりも、「金城白子を演じるときに、どういった魂の吹き込み方をするのか」ということを重視して演じているという。「原作を守りつつも、そこから飛び越えて僕達がどう演じるのかを観てほしいです」とコメントした。

三男・曇宙太郎を演じる百瀬は、兄弟愛や友情、人間愛を描いた本作について「共演者の仲の良さも舞台上で見せていきたいとコメント。

天火のかつての親友、「犲(やまいぬ)」の隊長・安倍蒼世を演じる細貝からは、誰一人怪我することなく初日を迎えられることが嬉しいと、激しい稽古を思わせるコメントの後、「早くお客様にこの作品をお届けしたい」と公演を待ちきれない思いの伝わっるコメントが。

そして演出の菜月氏からは昨年上演されたばかりの舞台が再演されることについて、「こんなに早くに再演の機会をいただけて、とても幸せに思っています」と喜びのコメントの後、「初演を観た方、初演を見逃した方、両方の期待に応えられるような作品を作れていると思いますので、楽しみにしていただけたら」と観客の期待を煽るコメントが飛び出した。

各々言葉が違えど、全キャストから「“舞台版『曇天に笑う』”を作品を届けたい」という熱い意気込みが伝わってくる会見は、最後に座長の玉城から「アニメや漫画とは違う、新しい『曇天に笑う』になっていると思います。キャスト・スタッフ一同、精一杯舞台上で生きるのみなので、その生き様をぜひ劇場で楽しんでいただけたらと思います」とファンへ向けて熱いメッセージが送られ終了した。

舞台『曇天に笑う』は、東京公演が5月27日(金)~6月5日(日)まで天王洲 銀河劇場にて、その後、大阪公演が6月10日(金)、11日(土)に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。
また、本公演のDVDが9月21日に発売されることが決定したので、劇場に足を運べない人も、そちらをぜひチェックしてほしい。
160529_donten_03 160529_donten_04 160529_donten_05 160529_donten_06 160529_donten_07


<出演>
玉城裕規  曇 天火(曇天三兄弟の長男)
植田圭輔  曇 空丸(次男)
百瀬 朔  曇 宙太郎(三男)

細貝 圭  安倍蒼世(犲隊長)
入来茉里  佐々木妃子(犲隊員)
福井博章  鷹峯誠一郎(犲副隊長)
横山一敏  犬飼善蔵(犲隊員)
蒼山真人  武田楽鳥(犲隊員)

今奈良孝行  赤松一郎太(山賊)
秋元龍太朗  青木弥二郎(山賊)
兒玉宣勝  織田千代長(獄門処看守長)
仁藤萌乃  錦(町娘)
橘 輝   大吾(町人)
小澤亮太  風魔小太郎(獄門処の住人)
松田 凌  金城白子(風魔一族の生き残り)
藤木 孝  岩倉具視(犲の創設者)

佐藤賢一 細川晃弘 柏木佑太 宮川 連 杉浦勇一 鍛治洸太朗

<スタッフ>
原作:唐々煙(マッグガーデン刊)
脚本:高橋悠也
演出:菜月チョビ

主催:日本テレビ/ローソンチケット/VAP/銀河劇場

公式サイト http://www.vap.co.jp/dontenniwarau/theater/index.html
公式Twitter  @donten_theater

(C)唐々煙/マッグガーデン

2016/05/29
アニメ マンガ・ラノベ・本 レポート 舞台

アニロコのオススメ!

人気ランキング