今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

フルCGのアルフォンスの姿も!実写映画「鋼の錬金術師」の映像初解禁となる30秒超特報が公式サイト内にて遂に公開!

161116_hagarenmovie_01

ハリウッド級・最先端映像で、超・日本映画 完全実写化!

「時は、来た。」

山田涼介(Hey! Say! JUMP)×エドワード・エルリック、ついに登場!!
2017年最大の映画プロジェクト、待望の超特報映像公開!!

公式サイト http://hagarenmovie.jp

※kome※

『鋼の錬金術師』は、2001年にスクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」で連載がスタート、2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘の代表作。全世界シリーズ累計部数7,000万部超という空前の記録を打ち立てた。少年誌での連載にもかかわらず、他コミック漫画にないオリジナリティ溢れる設定とビジュアルが男性ファンのみならず熱狂的な女性ファンをも獲得し、連載が終了した現在に至るまで、いまだ人気の熱が冷めないという、もはや日本漫画界を代表する伝説的な作品となっている。

錬金術が存在するファンタジーな世界観は日本での映像化は不可能と言われ、ハリウッドでの映画化もウワサされた“ハガレン”。ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた映像のスペシャリスト、曽利文彦監督の手により、“ハガレン”の錬金術を駆使したアクションシーンの完全映像化に挑む。主役のエドワード役を演じるのは、アイドルを封印し、俳優として本作に臨んだ山田涼介。

“ハガレン”の世界観そのままの街並みが存在するイタリアでのロケを経て、国内に撮影地を移し8月下旬にクランクアップを迎えたが、公開まで約1年近くもの時間をかけて、現在精密なCG映像を制作中。2000年以降、日本のCG、VFX技術の進歩は目覚ましく、2002年公開の『ピンポン』が日本映画の新たな可能性を拓き、2005年『ALWAYS 三丁目の夕日』、近年では『シン・ゴジラ』(2016年7月29日公開)に登場するゴジラ、『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)での死神リュークなど、フルCGで制作されたリアルなキャラクターたちによって、日本映画界においても、ハリウッドに負けないCGでの実写映画化の可能性を広げた。「時は、来た。」―そんな今だからこそ、映像化不可能と言われた原作の実写化に挑めたと言える。

また、今回初解禁された映像では、イタリアロケで撮影された壮大な美しい風景や、山田涼介が熱演する主人公エドワード・エルリックに加え、原作ファン待望の弟アルフォンス・エルリックの姿が!本作に登場するアルフォンスは、日本映画では不可能とされていた最先端の技術で、全編フルCGのリアリティあふれる姿が制作される。さらには、錬金術によって生み出された何かがエドに襲い掛かる映像も収められており、兄弟の波乱に満ちた旅の始まりに期待が高まる。これまでの日本映画のスケールをはるかに超えるスケールを感じさせる、渾身の特報映像となっている。全世界待望のファンタジー・アクション超大作『鋼の錬金術師』は来年冬 公開。伝説が、遂に動く!


【STORY】
幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。幼い二人は母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行い、失敗する。その代償としてエドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまう。やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かる。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅が今、始まる――


ある兄弟の、壮大な運命の旅――。波乱に満ちた冒険と成長のストーリーが、ついに動き出す

『鋼の錬金術師』

2017年冬、全国ロードショー!

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画 TEL:03-5251-6431

公式サイト:http://hagarenmovie.jp #ハガレン

©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会


 


【関連記事】

国民的超人気コミック『鋼の錬金術師』実写映画化が決定!2017年最大の映画プロジェクト、世界に向けて始動!山田涼介が本気で挑む!

2016/11/16
マンガ・ラノベ・本 特撮・実写

アニロコのオススメ!

人気ランキング