今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

斎藤岬の人気コミック「警視庁抜刀課」が中村優一と井上正大の“平成ライダー”コンビで舞台化!

170119_battoka_01

“平成ライダー”2人が相棒となり、刀剣を片手に市民を守る。
中村優一と井上正大のコンビが殺陣で魅せる!
斎藤岬の人気コミックが早くも舞台化―。
舞台「警視庁抜刀課 vol.1」
2017年5月~6月、CBGKシブゲキ!!にて上演決定!!


●大好評連載中「警視庁抜刀課」が早くも舞台化決定!
月刊バーズ誌上で連載中の人気コミック「警視庁抜刀課」(斎藤岬作)。表紙や巻頭カラーを飾るなど大人気を誇る同作が、連載開始からわずか2年となる今春5月に、早くも舞台化されることが決まった。
人を惑わす不思議な力を秘めた「憑き刀(つきがたな)」。それらを取り締まるため、警視庁には「銃刀特別対策課」、通称“抜刀課”が設立された。抜刀課の刑事、切通(きりどおし)と架光(かけみつ)の二人は、市民を守るために自ら刀を取り、憑き刀を巡って戦う!

●“本物の殺陣”で、斬り、斬られ、魅せる!
製作にあたってこだわるのは、人を斬る“刀”が持つ恐ろしさ。刀だけでなく、小道具、装飾など様々な面にこだわり抜き、観る者が
思わず冷や汗をかいてしまうようなリアルな質感を追及する!さらに、「子連れ狼」「風林火山」など1000を超える時代劇で刀を握
ってきた時代劇の殺陣における第一人者・青木哲也氏を殺陣師として招き、お客様の目の前で斬り、斬られるプロフェッショナルの技を魅せる!

●W主演は“平成ライダー”中村優一&井上正大!!
流行りの“バディもの”である本作は、真面目一徹で少し天然な切通、一見軽薄だが仲間想いな架光の凸凹コンビが魅力の一つだ。切通役には『仮面ライダー響鬼』『仮面ライダー電王』の中村優一。
架光役には『仮面ライダーディケイド』の井上正大。2人の“平成ライダー”がタッグを組んで、超本格殺陣アクションを披露する!


●公演詳細
公演名: 舞台「警視庁抜刀課vol.1」
出演者: 中村優一、井上正大 他
脚本・演出:大和田悟史
殺陣師: 青木哲也
公演期間: 2017年5月26日(金)~6月4日(日)

170119_battoka_02

公演回数: 全13公演
公演会場: CBGKシブゲキ!!
東京都渋谷区道玄坂 2-29-5 ザ・プライム 6階
原作: 「警視庁抜刀課」斎藤 岬 (月刊バーズ 連載中/幻冬舎コミックス)
公式サイト:http://battoka-stage.jp


【キャラクター&キャスト紹介】

■切通 弥 (きりどおし わたる)
26歳。天然で、独断専行しがち。
入庁直後に捜査一課に抜擢された期待のホープだったが、その後志願して抜刀課に異動した。
表情が少なく、普通にしていても不機嫌そうに見られることから 「鉄仮面」と呼ばれていたことも。

170119_battoka_03
中村優一(なかむら ゆういち)
1987年10月8日生まれ。神奈川県出身。 『仮面ライダー電王』においてクールなライダー、桜井侑斗を演じブレイクした。その後、数々のドラマや映画に出演し、甘いマスクと演技力で幅広い層から支持を受ける。代表作に、 ドラマ『もやしもん』(主演 沢木惣右衛門直保 役)、 ドラマ『薄桜鬼SSL』(主演 土方歳三 役)など。

■架光隼人 (かけみつ はやと)
25歳。警視庁の抜刀課に勤務。切通とは対照的に社交的で、人との調整役になることも多いムードメーカー。
高校時代は切通と剣道部でしのぎを削っていた。口調は乱暴だが誰よりも周りを気遣っている。

170119_battoka_04
井上正大(いのうえ まさひろ)
1989年3月20日生まれ。神奈川県出身。『仮面ライダーディケイ ド』で主演・門矢士役として、クセの強い“俺様キャラ”を演じきり一気にブレイク。 映画、舞台、ドラマなど幅広いジャンルで第一線で活躍し続ける。出演作に、ミュージカル『テニスの王子様』(跡部景吾 役)、舞台『戦国 BASARA4 皇』(片倉小十郎 役)、ドラマ「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔」(ジンガ役)など。

●あらすじ
警視庁のビルの一角、もともとは倉庫だった場所に…
銃刀特別対策課ー通称“抜刀課”が設立された!〝刀〟に憑りつかれた人間による不可思議な事件が頻発したニッポン。これらの事件を収めるために、危険な刀は国によって押収されることが法律で定められた。忌むべき刀を回収すべく、抜刀課にはスペシャリストたちが集う。メンバーには、警視庁最強の剣士・切通と居合が得意な架光。怪しい力を宿した“憑き刀”と対峙する!
そんな彼らの前に、義経・弁慶と名乗り、刀に異様な執着を持った2人の男が立ちはだかり…?
CBGKシブゲキ!!を舞台に刀と刀とがぶつかる音が響き渡る。
刀剣を用いた激しい立ち回り、ほとばしる汗…。
義経、弁慶はいったい何者なのか!?
失われた刀を取り戻し市民の安全を守るため、切通と架光は奔走する!
めくるめく展開にご期待ください!!

■青木哲也(あおき てつや)
1966年1月4日生まれ。神奈川県出身。東映京都撮影所で30年に渡り活躍。「水戸黄門」シリーズや「暴れん坊将軍」シリーズなど1000作品を超える時代劇に出演した青木哲也。現在は「ととねえちゃん」のアクションコーディネーターを務めるなど広く活躍している。

2017/01/19
マンガ・ラノベ・本 特撮・実写 舞台

アニロコのオススメ!

人気ランキング