今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【松岡禎丞、戸松遥】万感の思いを込め、今までのSAOの集大成だと松岡が叫んだ『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』完成披露舞台挨拶 レポート

170131_SAOOS_01

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説を原作とした、TVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズ。2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1,250万部を突破(全世界1,900万部)した大ヒットシリーズだ。そして、2度のTVアニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ制作など、幅広くメディアミックス展開もされていて、現在は製作会社『スカイダンス・メディア』によるハリウッドドラマ化も進行中。そしていよいよ川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が2月18日(土)より全国ロードショーとなる。

『ソードアート・オンライン』シリーズ初の劇場作品である『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の完成を記念し、新宿バルト9にて本作の主人公・キリト役の松岡禎丞とヒロイン・アスナ役の戸松遥、そして伊藤智彦監督が登壇した舞台挨拶付き完成披露試写会が実施された。本作への熱い思いが語られた舞台挨拶の様子をお届けする。

最初に司会を務める吉田尚記アナウンサーがステージへ。本イベントは、平日お昼の上映会にも関わらず6000人を超える応募があったそうで、改めて本作がいかに注目の作品であるかを感じさせられた。そして会場の大きな拍手とともに松岡、戸松、伊藤監督もステージへあがった。

170131_SAOOS_02

今回はいよいよ世界初の試写会を迎え、キャスト二人から今の気持ちが語られた。松岡は「SAO(ソードアート・オンライン)の集大成ともいえる作品なので、心に突き刺さってもらえると嬉しい」と語り、戸松は「原作者である川原先生によるオリジナルストーリー。どんなお話になるのかと思っていたが、台本を読んでわくわくした。凄い展開になっています」と、作品を早く観たいと思わせるコメントでファンの期待を膨らませていた。また伊藤監督は無事に完成したと安堵の顔をみせていた。

170131_SAOOS_03

そして松岡たちが身に着けていた、本作に登場するアイテム《オーグマー》についても触れる。今回は作中でAR(Augmented Reality=拡張現実)型最新ゲーム機となる《オーグマー》が使われるのだが、ARはまだ世間一般ではわかりにくいのではとの懸念があったそうだ。しかしスマートフォンのARゲームの普及が話題になったことでARの認知度も上がったため、公開のタイミングとしても悪くないのではと感じていると伊藤監督。また、この《オーグマー》はソニーのヘッドマウントディスプレイを作ったデザイナーによるデザインという力の入れようで、いつか劇中に出てくる《オーグマー》を日本のメーカーの技術力をもって現実にしてほしいと伊藤監督は未来への願望を語った。

また実際に《オーグマー》が存在したら、松岡は家から収録現場までの道のりをダンジョンにしたい、戸松はアフレコ収録の時に台本を持たなくてよくなるので演技の幅が広がるのではないかといったARを駆使した未来を思い浮かべて盛り上がった。

170131_SAOOS_05 170131_SAOOS_06 170131_SAOOS_07

本作の内容についても話は及ぶ。劇場版というとオリジナルのキャラクターが出てくることから、そちらを掘り下げたドラマになってしまうこともあるが、本作ではしっかりとキリトとアスナの物語が描かれていると伊藤監督は告げた。また今回は仮想現実となるVRではなくARであることから、現実世界の人間関係なども多く描かれているそうなので、そちらも楽しみにしていてほしいと戸松は語った。

最後にファンへ向けてメッセージが贈られた。

戸松「早く観てもらいたいという気持ちでいっぱいです。この作品の魅力はこういう世界が現実にくるかもしれないというワクワク感、自分も入りたいと思う世界観だと思います。これまでのVRとはまた違ったARの世界観や、色々な人間関係、新しい見どころがたくさんある作品となっているので、楽しんでもらえたらと思います」

松岡「言いたいことはたくさんあるんですが、この『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』という作品は、本当に『ソードアート・オンライン』の集大成と言える作品。アフレコから3ヶ月ほど経った今も余韻が残っているくらい、観てもらえるのを待ち望んでいました。こんなに動くのかというくらい、話を聞いた作画の方が「寝ないでもいいから描きたい」と言っていたほど熱量が込められた作品です。泣けます。集大成です!存分に楽しんでください!」

伊藤監督「ようやくこの瞬間を迎えられるのだという気持ちでいっぱいです!約2時間、エンドロールの最後の最後まで、しっかりとお楽しみください!」

170131_SAOOS_04

※kome※

《オーグマー》をソニーがデザイン!

本作に登場するAR型最新ゲーム機《オーグマー》は「未来を想像しながらリアリティーを追求することをデザインテーマとする」ソニー(株)クリエイティブセンターが総力をあげたデザインであることを発表!普段は本物のヘッドマウントディスプレイやウェアラブルデバイスなどの新領域をデザインするチームが本作のために、『ソードアート・オンライン』の世界観にマッチしたスマートなデザインになりました。


■完成披露試写会に伴い、本編の場面カットが追加で解禁!

170131_SAOOS_08 170131_SAOOS_09 170131_SAOOS_10 170131_SAOOS_11 170131_SAOOS_12 170131_SAOOS_13 170131_SAOOS_14 170131_SAOOS_15 170131_SAOOS_16 170131_SAOOS_17 170131_SAOOS_18

URL:https://www.youtube.com/watch?v=4slt_lQ8fPc

 


『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
公開日:2017年2月18日(土)全国ロードショー
配給:アニプレックス
上映時間:119分

【劇場版公式サイト】 http://sao-movie.net/
【公式Twitter】 https://twitter.com/sao_anime

©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


 


 【関連記事】

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』「東急ハンズ×SAO」コラボ企画実施決定!キャンペーンキャラクターに、アスナ、シリカ、リズベットが就任!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』キリトがサイバーセキュリティ調査官に任命! 内閣サイバーセキュリティとタイアップ企画実施!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』がローソンとのタイアップキャンペーン実施決定!注目の限定オリジナルグッズを手に入れよう!!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』メインビジュアル&第3弾全国共通前売券ビジュアル解禁!

・コラボイベント開催まもなく!「劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール- in JOYPOLIS EXTRA STAGE ジョイポリスを攻略せよ!」オリジナルグッズやコラボアトラクション情報を公開!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』クリスマスに解禁情報盛りだくさん!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』×「ジョイポリス」コラボイベント決定!!キリトやアスナとともに仮想現実の冒険へ!

・新作劇場アニメ『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』ファン必見!劇場前売”剣”が登場!!

・新作劇場アニメ『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』ゲスト声優に神田沙也加出演決定!劇中歌の作曲は梶浦由記らに決定!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』主題歌がLiSAの新曲「Catch the Moment」に決定!!

・『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公開が待ち望まれる中、『ソードアートオンライン ソングコレクションⅡ』のジャケット解禁&新規収録曲情報が到着!

・【第3弾キービジュアル、特報映像追加!!】【戸松遥、竹達彩奈、伊藤かな恵、日高里菜、高垣彩陽】『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』「電撃文庫 秋の祭典2016」メインステージ イベントレポート

・2017年春に公開決定!完全新作ストーリー『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』世界で公開決定!新ビジュアル&本編映像初解禁!

『アクセル・ワールド-インフィニット・バースト-』第2弾キービジュアル&オリジナルキャラクター公開!特典付きの前売券第2弾販売も決定!

2017/01/31
アニメ イベント マンガ・ラノベ・本 レポート 声優

アニロコのオススメ!

人気ランキング