今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

8月4日に公開となる映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から広瀬康一、山岸由花子、虹村形兆、虹村億泰、アンジェロ、空条承太郎のビジュアルを紹介!

170301_JOJO_01

生誕から30年を迎える人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画化が実現。映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は2017年8月4日(金)に公開。(配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画)。

主人公・東方仗助役に山﨑賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・片桐安十郎(アンジェロ)役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介と、最旬の若手俳優だけでなく、実力派俳優陣が脇を固め、日本映画界を代表する豪華俳優陣が結集!

今年、1月1日元日に解禁となった山﨑賢人演じる東方仗助のビジュアルは、瞬く間にSNS上で拡散。公式Twitter(@jojomovie_jp)で公開された仗助の画像のRTは15,000件を超え(2/3時点)、2017年の“ジョジョイヤー”に相応しい幕開けとなった。

仗助以降に解禁となった、康一、由花子、形兆、億泰、アンジェロ、そして承太郎のビジュアルをまとめて紹介する。

170301_JOJO_02

神木演じる康一は学ランに身を包み、どことなく頼りなさげで、由花子から一方的に熱い思いを寄せられる役どころ。今もなお大ヒットを記録している『君の名は。』の主人公・立花瀧役が記憶に新しく、『3月のライオン』では主人公・桐山零を瑞々しくも儚げに、また、力強く演じる神木隆之介が果たしてどのように日本中を魅了するのか。今回は初のおでこ出しスタイルで、爽やかな好青年役に今から期待が高まる!

170301_JOJO_03

由花子役を演じるのは昨年秋に公開された『溺れるナイフ』で主人公・望月夏芽を好演し、更には、先日公開されたマーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』で隠れキリシタンという難役を見事に演じきり、ハリウッドデビューを果たしている若手実力派女優、小松菜奈。ウェーブの長い髪が特徴で、成績優秀かつ料理や裁縫が上手いというハイスペック女子である。今回のビジュアルでも意志を感じさせる不敵な表情にミステリアスな雰囲気を漂わせており、康一にどのようなアプローチをしていくのか今から目が離せない!

170301_JOJO_04

岡田将生演じる形兆は、ある恐ろしい目的のために杜王町で暗躍している冷酷無比な男。原作ファンを公言している岡田だが、自身の役について「冷酷な部分もあるけれど、信念のある役」と語る。劇中では金髪のロングヘアーという奇抜なビジュアルを披露している岡田は「衣装とヘアスタイルが本当に素敵。毎日準備しいく中で形兆になっていける。強味になっている」と、自身のビジュアルの出来についても自信をのぞかせる。このビジュアルからも、岡田の自信、そして形兆の力強さが伝わってくるだろう。

170301_JOJO_05

また、真剣佑演じる億泰は、深く物事を考えずいつも形兆の足を引っ張る困った弟という役どころ。昨年9月に行われた本作のプロジェクト発表記者会見で「億泰は兄の形兆のことをものすごく愛している役。ちょっと抜けているところもあるので、憎めない億泰を演じたい」と意気込みを明かしていた真剣佑は、役作りのために、サイドの髪を銀色に染め上げ、剃り込みを入れて眉毛も剃って撮影に臨んだ。この特徴的なビジュアルについて「億泰を演じるうえで試行錯誤を繰り返しましたが、作り込んで行く中で近付いていけたと思います」と語り、ビジュアル作りが役作りに結びついたことを明かす。

170301_JOJO_06

アンジェロは、逃亡中の連続殺人犯で犯行の邪魔をした仗助を破滅させようと狙う男で、昨年9月に行われた本作のプロジェクト発表記者会見で「『ジョジョ』という大きな作品は、東宝とワーナーが組んでの一大プロジェクトとなりますし、本当ならば気負いしそうなんですが、片桐安十郎は史上最低の殺人鬼で割と素に近いと思います。なので、リラックスしてやれると思う(笑)」と、自信たっぷりのコメントを寄せ、「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩くときは誰かを狙います(笑)。一応大きな組織に属しているので、本当にはしないですが精神的に狙います(笑)」と、プライベートの自分と自身の役の類似点を明かしていた。このビジュアルでは、街中で歩いていたら思わず避けてしまいたくなるような不気味な笑みを浮かべて振り向くアンジェロの姿が収められており、画像だけでも危険人物であることが伺えるだろう。
山田は映画『闇金ウシジマくん』シリーズで、非合法な金利で金を貸し付け、債務者から借金を冷徹に取り立てていく男を怪演。さらに、テレビドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』では主人公のヨシヒコをコミカルに演じ、映画『凶悪』では、隠蔽された殺人事件を追いかけるジャーナリストが事件にのめりこむにつれて“狂気”に満ちていく様をシリアスに熱演。様々な役を演じ分け、その演技力の高さからカメレオン俳優とも呼ばれる山田孝之が見せる凶悪犯・片桐安十郎は劇中でどのような顔を見せるのか!

170301_JOJO_07

承太郎は、“ジョースター家”の人間で、山﨑賢人演じる東方仗助とは血縁上「甥」にあたるが、仗助を導いていく存在となる。本作出演が決まる前から原作のファンであったと語る伊勢谷は「空条承太郎には、中学のころから恐ろしいほど憧れていた」と語り、「承太郎と伊勢谷友介は全く別人格なのでそのギャップを埋めるのが難しかった」と苦労を明かす。しかし、「三池監督のアイディアが随所に溢れてくる撮影は凄く刺激的で、楽しませて頂いた」と三池組を楽しんだことを明かした。また「スペインでは日本では味わえない爽やかな気分で撮影が出来た。この街の中であるからこそ、ジョジョの衣装が馴染み、違和感がないと思うので期待している」と、スペイン・シッチェスの撮影が作品にとって必然的なものであったこと、そして本作の出来栄えに自信を覗かせている。上下真っ白で決めた日本人離れした衣装も伊勢谷の語るように違和感がないだろう。

※kome※

シリーズ累計発行部数1億部を記録し、文化庁が主催する日本のメディア芸術100選マンガ部門では第2位にランキングされた『ジョジョの奇妙な冒険』。ルーブル美術館で作品が展示され、グッチとのコラボレーションが話題となるなど、海外でも高く評価されている。さらに、“人生のバイブル”に選ぶ著名なクリエイターや起業家が後を絶たないことから、作者の荒木飛呂彦が「日経ビジネス」の“次代を創る100人”にマンガ家として唯一選出されるなど、多方面で注目されている。

19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリーから、今回映画化されるのは第4部『ダイヤモンドは砕けない』。この極上のサスペンスを、シリーズ化を見据えた製作体制で挑む。

また、10月より始まったスペイン・シッチェス、そして日本での撮影も終了し、現在編集中とのこと。豪華キャストとカンヌ国際映画祭など国内外で高い評価を受ける三池監督が、未だかつてない迫力と新感覚映像表現で世界へ挑む本作は、世界中の人々を驚愕させるべく、未知の領域へと突き進み続けている。更なる続報にご期待いただきたい。


2017年8月4日(金)全国超拡大ロードショー

原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:三池崇史
出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介
配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:jojo-movie.jp
公式twitter:@jojomovie_jp

©2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


 


【関連記事】

・映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』から2017年のグレートな幕開けにふさわしい、山﨑賢人の激キメ仗助ビジュアルが解禁!

・年間合わせて洋画、邦画のナンバーワンを目指す!実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で世界に打って出る。発表会見 レポート

・【速報】ジョジョ第四部が実写映画化!「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」監督&キャスト発表


2017/03/01
マンガ・ラノベ・本 特撮・実写

アニロコのオススメ!

人気ランキング