今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】完成発表会レポート

170329_BR_01

いよいよ明日、3月30日(木)に発売となるPlayStation®4、PlayStation®Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』。

キャラクターデザインと監修に「岸田メル」、シリーズ構成に「時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司」を起用。4名それぞれの独自の世界が融合し、ひとつの世界が生み出される。新ジャンル“ヒロイックRPG”としてガストが贈る「現代の学園」と「美少女」と「ファンタジー」が融合する話題のゲームの完成発表会が3月29日(水)に開催された。

発表会にはコーエーテクモゲームス 鯉沼 久史/(代表取締役社長 兼 ガストブランド長)、細井 順三(『BLUE REFLECTION』プロデューサー)、高橋 梓(『BLUE REFLECTION』ディレクター)のほか、岸田 メル(『BLUE REFLECTION』キャラクターデザイン・監修)、高田 憂希(白井 日菜子役)、高野 麻里佳(司城 夕月役)、秦 佐和子(司城 来夢役)の7名が登壇し、作品の魅力を語った。

※kome※

まずは鯉沼氏、細井プロデューサー、岸田氏が登壇し、キャラクターデザインのみならず、監修としても岸田氏が参加した意義が語られ、「絵の空気感や手触り」にまでこだわり、原案からの参加となったことが語られた。

続いて高橋ディレクターから本作の紹介が行われ(詳細は当サイト各ページを参照してほしい)、ライトノベルの好きな層にはそのシナリオが、RPGが好きな層には戦闘が、それぞれ満足いくものとアピールされた。
岸田氏は黒髪ショートの主人公日菜子について「正統派」を目指したとのことだが、制服のデザインから“リフレクター”(魔法少女)の衣装も他のアニメやゲームとの差別化や現実感を大切にデザインしているとのこと。

そしてお待ちかねのキャスト陣が登壇。

挫折からスタートする主人公を演じるにあたり、「どこまでスタートの時点で落ち込んでいる空気を出していいのか悩んだ。」という高田。続く高野も、元気キャラではあるものの、どこまで元気さを出していくか、何度もディスカッションを重ねてキャラクターを作っていったという。そしてふわふわとした見た目の印象とは違い、実は現実・合理主義でドライな面を持つ来夢を演じた秦も、それぞれに演じる際には悩みが多かったようだが、そんなキャスト陣の苦労が実を結び、制作陣からはこの3人で良かったと太鼓判が押されていた。

最後に、登壇者からのコメントをご紹介。

高田「ついに明日、3月30日に発売になります。本当にいろんな思いを込めて演じさせて頂いて、収録中も何度涙を堪えながら収録したかなと、本当に思い入れの強い作品です。いろんな方に楽しんでいただけたら嬉しいです。」

高野「何度もディスカッション繰り返しながらキャラクター作りをしてきたんですが、それはゆづちゃんがひなちゃんのことを思っているから生まれる感情なんだと考えて演じてきました。本作は絆の作品です。私たち役者陣もキャラクターとの絆を強く感じていますし、皆さんがプレイした時に、キャラクターとの絆を感じてもらえるんじゃないかと思います。たくさんプレイして感想を聞かせてください。」

秦「3月30日をとても楽しみにしてきました。学生時代に気付けなかったこと、気付いていたけど目を逸らしてしまったことに向き合わせてくれる作品だと思います。きっと心に残る作品だと思いますので、たくさんの方に楽しんでいただきたいです。」

岸田「本当に長い期間、全身全霊を注いで作ってきた作品です。僕自身はイラストレーターでいろんな表現をしている表現者だと思っているのですが、こういったものが可愛い、美しいという、僕が描きたい世界観が、絵だけじゃなく、シナリオやプレイした手触りといったすべてに、120%込められたゲームになっていると思います。各セクションの方に素晴らしいものを作っていただいて、すべてがひとつの世界観にまとまった、とても綺麗で美しいゲームになったと思います。皆さんに好きになっていただける、思い出に残るゲームになったと思います。ぜひこの言葉が本当がどうか、買ってプレイしていただけると嬉しいなと思います。」

細井プロデューサー「通常版のほか、「プレミアムボックス」もチェックしていただければと思います。完全な新規のIP(Interllectual Propery=知的財産)になります。明日が『BLUE REFLECTION』の、本当のスタートだと思っています。今後ともこのコンテンツが、長く皆様に愛されるコンテンツになるよう努力していきますので、ぜひお手に取っていただいて、新しい体験をしていただけたらと思います。」

PlayStation®4、PlayStation®Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』は、いよいよ明日、3月30日発売だ。


<『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』概要>

170318_BR_02

タイトル名:BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
キャラクターデザイン・監修:岸田メル
シリーズ構成:時雨沢恵一・五十嵐雄策・夏海公司
対応機種:PlayStation®4、PlayStation®Vita
ジャンル:ヒロイックRPG
発売日:2017年3月30日(木)予定
価格:
PlayStation®4版
通常版 希望小売価格:7,800円+税
プレミアムボックス 希望小売価格:10,800円+税
スペシャルコレクションボックス 希望小売価格:16,800円+税
ダウンロード版 販売価格:7,800円+税
PlayStation®Vita版
通常版 希望小売価格:6,800円+税
プレミアムボックス 希望小売価格:9,800円+税
スペシャルコレクションボックス 希望小売価格:15,800円+税
ダウンロード版 販売価格:6,800円+税
※ダウンロード版は、発売日から2週間は10%OFFになります。
プレイ人数:1 人
CERO:C(15 歳以上)

・ダウンロードコンテンツ対応予定
・クロスセーブ対応予定

URL:http://social.gust.co.jp/gakkou/
公式 Twitter:https://twitter.com/gustsocialpr
公式 Facebook:https://www.facebook.com/Gustsocial/

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


 


【関連記事】

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】完成発表会の生中継をニコニコ生放送、YouTube Live、FRESH!で実施!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】「オーバードライブ」「協力技」「フリスペ!」など新情報が続々と到着!!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】メインストーリーと新たなる“原種”ネツァクを紹介!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】現実世界で過ごす日常と異世界を駆け巡る非日常を行き来するゲームの流れを紹介!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】“原種”や異世界をうろつく魔物たちとのバトルの基本などを紹介!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】魅力的な登場人物たちを紹介!(真田凛/鳴宮圭/多谷史緒/三井香織/芳村梨佳)

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】巨大生物“原種”イェソドと日常の流れを紹介!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】魅力的な登場人物たちを紹介!(斎木有理/西田早苗/森川更紗/蜷川麻央/一之瀬亜子)

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】学園生活などの世界観を紹介!

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】魅力的な登場人物たちを紹介!(白井日菜子/司城夕月/司城来夢/菅本しほり/井上千紘)

【BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣】現代の学園と美少女とファンタジーが融合するヒロイックRPGをご紹介!

2017/03/29
イベント ゲーム レポート 声優

アニロコのオススメ!

人気ランキング