今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【柿原徹也、平野綾、釘宮理恵】ノリで誘われフランスまで。真島ヒロと柿原の驚きのエピソードも飛び出した『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』初日舞台挨拶 レポート

170506_FT_01

「週刊少年マガジン」にて2006年より連載が開始、全世界累計発行部数6,000万部を超える大ベストセラー作品『FAIRY TAIL』。現在連載中の原作は既に最終章に突入し、大きな盛り上がりをみせている。

そして原作者である真島ヒロ自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリーの『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』が5月6日(土)よりいよいよ上映。その上映開始となる5月6日にメインキャストのナツ・ドラグニル役の柿原徹也、ルーシィ・ハートフィリア役の平野綾、ハッピー役の釘宮理恵、主題歌を担当するPOLKADOTSにシークレットゲストに原作者・真島ヒロも登壇した初日舞台挨拶が行われた。

大きな拍手が鳴り響く中、キャストたちとPOLKADOTSがステージへ。挨拶に加え、初日を迎えた嬉しさや劇場に足を運んでくれたファンたちへの感謝の気持ちが語られる。さっそくトークセッションに移り、約1年振りとなる『FAIRY TAIL』のアニメに「ウキウキ、ワクワクしながら収録を迎えました。またナツやルーシィと会えるのを楽しみにしていたので」と柿原。その柿原が最初に劇場版決定の知らせを聞いたことを例に出し、一番『FAIRY TAIL』の情報を知っていると言われた平野。そんなことはないと否定しながらも、色々な関係者に続きはまだかと尋ねてまわっていたのだという。まだかと聞いていたということは、続編をそれだけ確信していたのかという司会の問いに「こんなところで『FAIRY TAIL』が終わるわけはない、という気持ちはありました」とナツのように自信満々に柿原は答えた。

170506_FT_03

続いて演じた感想や、TVアニメの放送から少し時間が空いたことで意識したことなどを尋ねる。釘宮はすんなりとハッピーに戻れて、とても楽しく収録できたと語った。平野は長年ルーシィと歩んできた年月があり、キャラクターと自分が一緒にそれぞれ成長をしていったのを感じていたので、時間が空いたことによって自分の成長としばらく止まっていたキャラクターの成長に誤差を感じ、そこを調整するように意識したことを語った。

170506_FT_04

他にも描いているうちにナツがだんだんツリ目になっていく、どんどん柿原っぽくなっていってると真島に言われたというエピソードも。原作者にも影響を与えるような演技を出来ていたことが役者冥利に尽きると柿原は笑顔をみせていた。

主題歌についても触れていく。POLKADOTSは「i☆Ris」の茜屋日海夏と「みみめめMIMI」のタカオユキによる女性2人組ユニット。タカオからは曲作りを行う際に、本作の資料だけではなく、実際に真島とあって作品のテーマなどの話を聞いたという裏話も。実際に原作者と会う機会もなかなか無いため熱い気持ちが込み上げてきて、曲作りに真摯に向き合えたと語る。また茜屋はもともと作品のファンで中学生の時に読んでいた作品にこうして主題歌で携われるという長く続いている作品ならではの喜びを満面の笑みで語った。

170506_FT_05

本作の印象的なセリフについても聞いた。柿原がナツのセリフで「俺は何に見える?」が、作品のテーマにも沿ったセリフになっていて印象に残っていると話す。それには平野も同意。今回入場者プレゼントに数量限定で約200ページの真島ヒロ執筆劇場版原案ネームが入手できるのだが、その最後の余白部分にとても重要なメッセージも書かれているそうなので、ぜひ入手して注目してご覧いただきたい。

そしてシークレットゲストの真島がステージへ登場。久しぶりに会うキャストたちと一緒に盛り上がる。柿原と真島がスケジュールが合わず、なかなか会う機会が無かったそうで約2年振りくらいに顔を合わせたのだという。とても仲良くなれたと真島が話すと、柿原は真島に呼ばれてフランスまで行ったという驚きエピソードを披露。ノリで呼んだという真島に、実際に弾丸ツアーで行ってしまう柿原という仲の良さがわかる話を聞くことができた。

170506_FT_06

本作「DRAGON CRY」にちなんだ、泣けたことなども聞いてみる。すると真島から今朝まで描いていた原稿の重要なシーンで、自分のマンガなのにホロッときたと話す。最終章に入り怒涛の展開が続いている原作だけに、いったいどんなシーンなのか、今後の話を楽しみにしていてほしい。またタカオからも泣ける話として夢が叶ったことが語られる。小さい頃にアメリカに住んでいたというタカオは、アニメに勇気づけられていたことを話す。本作は世界16カ国での同時公開が決定し、アメリカでも上映される。自分が関わったアニメ作品、楽曲が幼少期を過ごしたアメリカで流れる嬉しさを告げた。

真島「今回の劇場版がみなさんの目にどう目に映ったのかはまだわからないですが、面白いと思っていただけたのなら、それはスタッフやキャストのみなさんの力だと思います。ぜひその人たちを労っていただけると嬉しいです。マンガの方もみなさんのおかげでこんなにも長い間連載させていただけて、本当にありがたいです。原作の方は現在最終章で、終わりに向かっていますが、みんなが良かったと思ってもらえる終わりになっていくと思いますの、ぜひご期待ください!」

柿原「長年ナツと歩んできて、ルーシィやハッピーと冒険をしてきて、劇場版まで来ることができました。TVアニメとは違って、わざわざ劇場まで足を運んでくださるという方々がいる。こんなに嬉しいことはありません。心揺さぶられることがありましたらぜひ他の方にもおすすめしてください。ご覧いただけるみなさんに恥じないような作品を作ったという自信もあるので、これからもどうぞ宜しくお願いします」

最後に柿原の呼びかけで、柿原が「DRAGON!」と叫び、会場のファンが「CRY!」と応え、舞台挨拶は幕を閉じた。

170506_FT_02

※kome※

入場者プレゼントあり!

■第一弾 「数量限定!真島ヒロ執筆 劇場版原案ネーム」
公開1週目:5/6より数量限定で配布開始
原作者の真島ヒロが今回の劇場版のために自ら執筆、本作の原案となった、幻のネームがまさかの完全収録!そのボリュームは驚愕の約200ページ!単行本一冊に相当する厚みだ!真島の劇場版にかける熱い思いが凝縮された、ファンはもちろん、全アニメファン必見の贅沢で貴重な冊子!!

■第二弾 「キャスト複製サイン入り キャラクターブロマイド」
公開2週目:5/13より数量限定で配布開始
主人公・ナツ、ヒロイン・ルーシィ、劇場版新キャラクター・ソーニャのイラストに各キャストの複製サインが入ったブロマイドをプレゼント


『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』

5月6日(土) 全国公開中

配給:ギャガ

gaga.ne.jp/FT.DC/
Twitter:FAIRYTAIL_DC

©真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイルDC製作委員会


 


【関連記事】

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』劇場版主題歌がついに聴ける!!!主題歌バージョンPV解禁!!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』新キャラ含む、本邦初出し映像満載新PV解禁!!!

SKE48の高柳明音が登壇!『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』公開記念 特集上映会 オフィシャルレポートが到着!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』劇場版主題歌にPOLKA DOTS決定!コラボ企画も続々始動!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』おなじみのメンバーが勢揃いのアニメ版キービジュアルが解禁!初日舞台挨拶も決定!!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』衝撃の予告映像解禁!真島ヒロ先生コメント、そして場面写真も到着!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』超豪華な劇場版 新キャスト大発表!前売特典は真島ヒロ描き下ろし<劇場版イメージイラスト>クリアファイルに!!!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』目を離せない衝撃的な特報映像が公開!!

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』ポスタービジュアル&公開日が解禁!

『モンスターハンターダブルクロス』真島ヒロ先生オリジナルデザインのコラボ武器が登場!

2017/05/06
アニメ イベント マンガ・ラノベ・本 レポート

アニロコのオススメ!

人気ランキング