今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【ネタバレあり】『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』プレス体験会レポート(その2)科学実験爆発事件をプレイ!!

170616_dai-gyakuten2_01

8月3日に発売を控える『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』。
本作は“法廷バトル”ゲーム『逆転裁判』シリーズよりもはるか昔、19世紀末の大日本帝国と大英帝国・倫敦を舞台にした成歩堂龍ノ介が活躍するシリーズ最新作。
先日プレス向けの体験会が開催され、江城元秀プロデューサーの囲み取材や下宿の幽霊事件の体験プレイの様子をお届けしたが、この体験会では科学実験爆発事件の体験プレイも可能だったため、今回こちらの様子をお届けする。
また、この記事についても画像とともに多少のネタバレを含むため、ご了承いただきたい。

■実機プレイ

この事件では倫敦で開催された19世紀最大の万国博覧会の様子からスタートする。各国による展示や催し物で大いに賑わう中、世界初の「超電気式・瞬間移動技術」という紳士が水晶塔に移動する「瞬間移動」の実験が行われた。ところがなんと、そのステージでは大爆発が起こってしまい……。

170616_dai-gyakuten2_02 170616_dai-gyakuten2_03

と、ここで場面はホームズの部屋に。成歩堂龍ノ介、シャーロック・ホームズ ホームズ、アイリス・ワトソンが登場。新聞も万国博覧会の話題でいっぱい、アイリスも興味津々な様子。一方でホームズはなにやら思わせぶりな素振りをみせたり、浮かない感じで出かけていってしまう。ムズカシイ事件であれば、むしろどんな事件なのかをすすんで口にしそうなホームズだけに、口には出せないといった様子がとても気になった。

170616_dai-gyakuten2_04 170616_dai-gyakuten2_05

そして龍ノ介はアイリスと一緒にヴォルテックス首席判事へと会いに行く。そこで来月「国際科学捜査大討論会(シンポジウム)」が開催されることを聞く。いよいよ科学捜査の時代がくるのだと、話が止まらなくなるヴォルテックス首席判事。延々と話を聞かされ続けた後、一旦「国際科学捜査大討論会」の話題が落ち着くと、「奇妙な事件」を紹介される龍ノ介。

170616_dai-gyakuten2_06 170616_dai-gyakuten2_07

その「奇妙な事件」とは万国博覧会で行われた「超電気式・瞬間移動技術」の実験のことだった。大爆発を起こした実験で、「瞬間移動」するはずだった一人の紳士が命を落としていた。この事件の担当弁護士をヴォルテックス首席判事から依頼され、龍ノ介たちは詳しい話を聞くために実験を行った科学者ベンジャミン・ドビンボー博士のもとへと向かうことに。

ドビンボー博士から実験について話を聞く龍ノ介たち。爆発を起こしてしまったことは確かだが、殺そうという気はなく事故だったことを主張される。もしこの件が「殺人」になってしまうと、作り上げた「超電気式・瞬間移動技術」の装置が凶器になってしまい、詳しく調べられてその機密が漏洩してしまうことをおそれるドビンボー博士。なんとか「事故」であることを証明してほしいと頼まれる龍ノ介。そして証拠を集めるため、今回の被害者となった紳士との関係性などをドビンボー博士に聞いてみる……。

170616_dai-gyakuten2_08 170616_dai-gyakuten2_09

こうしてホームズたちと一緒の「ホームズの部屋」、ヴォルテックス首席判事の待つ「首席判事執務室」、ドビンボー博士がいる「留置所」をめぐりながら、部屋を調べてみたり、会話を重ねているうちにあっという間にプレイ時間が終了に。

まだまだ主要なキャラクターも登場していないような序盤であるように感じるのだが、ホームズが抱えている事件などの数々の伏線も複雑に絡み合っている感じが滲み出ていて、とても続きが気になった。

また本作の特徴に「陪審バトル」がある。下宿の幽霊事件では、前作と同じく夏目漱石がまた捕まるために前作から引き続きの陪審員が多いのだが、この事件からは新しい陪審員も登場してくるとのことなので、いったいどんな個性豊かなキャラクターが現れるのかもぜひ楽しみにしていたい。


メインビジュアル完成!!

170616_dai-gyakuten2_38

【科学実験爆発事件】

19世紀最大の万国博覧会、開催!!

170616_dai-gyakuten2_10

19世紀最大の万国博覧会が倫敦で開催された。各国から数多の展示や催し物がひしめき、盛況な中、ひときわ奇抜な科学実験が行われた。
なんと、鳥籠(ケージ)の人物をステージから水晶塔へ瞬時に移動させるという「瞬間移動」の世界初の実験。しかし、大勢の観客が見守る中、実験装置は大爆発を起こしてしまう。
幸い、観客に大きな被害はなかったが、実験台となった紳士が、水晶塔で遺体となって発見される-。

170616_dai-gyakuten2_11 170616_dai-gyakuten2_12

その陰で起きた大爆発!!科学実験による死亡事故発生!!

170616_dai-gyakuten2_13 170616_dai-gyakuten2_14

ヴォルテックス首席判事から、万博で起こった爆発事件の担当弁護士を依頼される龍ノ介。

170616_dai-gyakuten2_15

依頼人であるドビンボー博士は「実験は成功したが、不幸な事故だった」と、殺人を否定。殺人となれば、実験装置が凶器として扱われ、実験の機密が漏れてしまうという。龍ノ介は、博士の名誉と機密を守るため、戦う決意をする。

170616_dai-gyakuten2_16

万博見物に行きたがるアイリスを連れて、調査を兼ねて現場の万博会場へ向かうと、なぜか元スリの少女ジーナが《警部》を名乗って会場を警備していて・・・!?

170616_dai-gyakuten2_39

▲ベンジャミン・ドビンボー
独逸(ドイツ)から万博のために倫敦へ訪れた科学者。万国博覧会にて、世界初の実験「超電気式・瞬間移動技術」を披露するも、大事故を起こしてしまう。科学を愛し、自分の理論は正しいと主張する。

科学実験の犠牲となった紳士の死は、 ≪事故≫か≪殺人≫か!?

170616_dai-gyakuten2_18 170616_dai-gyakuten2_19
170616_dai-gyakuten2_20 170616_dai-gyakuten2_23

科学実験を利用した《殺人》だったと主張するグレグソン刑事。そしてバンジークス検事が召喚したのは、被害者が水晶塔に移動した瞬間を一番近くで目撃したという少年ゴッツら観客たち。彼らはいったい何を目撃し、証言するのだろうか?

170616_dai-gyakuten2_40

▲ボヘミアの少年 ゴッツ
ボヘミア王国の高貴な血を引く少年。寄宿学校の観光で倫敦に訪れた。万博会場で、ドビンボー博士の科学実験ステージを気球の上から目撃した。英語は勉強中。お金はそこそこ持っている。

170616_dai-gyakuten2_21 170616_dai-gyakuten2_22

龍ノ介ピンチ!! 事故ではなく、研究補助金目当ての殺人!?

170616_dai-gyakuten2_24 170616_dai-gyakuten2_25

英国で新たに設置された制度を利用し、多額の研究補助金を得ようとしたドビンボー博士による殺人だったと主張するバンジークス。

170616_dai-gyakuten2_26 170616_dai-gyakuten2_27

しかも、事故とは別の原因による致命傷も発見されてしまう。状況から被害者を殺害できたのは、博士だけ…。龍ノ介は窮地に陥ってしまう。そして、バンジークスは重要な証人として、とある人物を新たに召喚。その人物は、なんとドビンボー博士の協力者…!?

170616_dai-gyakuten2_28

【法廷パート】証言中に怪しい反応をしたら、「といつめる」!!

証人が証言台に複数いる際、証言中に、別の証人が怪しい反応をすることがある。そんなときは、吹き出しが出ている証人に切り替えて、といつめてみよう。新証言が得られるかも!

グレグソンの証言中にドビンボー博士が何やら怪しい反応!

170616_dai-gyakuten2_29 170616_dai-gyakuten2_30

尋問の最中、ゆさぶったあとに、だれかの証言に怪しい反応をした証人には、上画面に吹き出しが出る。その時、下画面でカーソルをスライドして、怪しい 証人に切り替えて「といつめる」をタッチしよう!不意を突かれた証人から、 新たな証言が入手できるぞ。真実へまた一歩近づくはずだ!

170616_dai-gyakuten2_31
170616_dai-gyakuten2_32
170616_dai-gyakuten2_33

※kome※

倫敦警視庁(スコットランドヤード)の《見習い刑事》と《警察犬第1号》
ジーナ・レストレード&トビー

170616_dai-gyakuten2_41

「ジーナ・レストレード警部。あのホームズも認める、名刑事よ!」

かつてイーストエンドでスリをしていた少女。
現在は、倫敦警視庁の見習い刑事となり、グレグソン刑事とともに万国博覧会の警備をしている。相棒に、「トビー」という名の自称「警察犬第1号」を連れている。

170616_dai-gyakuten2_34 170616_dai-gyakuten2_35
170616_dai-gyakuten2_36 170616_dai-gyakuten2_37


■製品情報

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-
プラットホーム:ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル:大法廷バトル
発売日:8月3日予定
価格:パッケージ版5,800円+税、ダウンロード版5,546円+税
プレイ人数:1人
CERO:B(12才以上対象)
数量限定特典:遊べる! 大逆転物語 2本セット
早期購入特典:特製コスチューム 3種パック
公式サイト:http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

※kome※

大逆転裁判1&2 限定版 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-
プラットホーム:ニンテンドー3DSシリーズ
ジャンル:大法廷バトル
発売日:8月3日予定
価格:7,200円+税
プレイ人数:1人
CERO:B(12才以上対象)
同梱物:
①ニンテンドー3DSソフト『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- Best Price!』
②ニンテンドー3DSソフト『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』
③ミニサウンドトラックCD『大逆転裁判1&2 劇中楽曲集』

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.


 


【関連記事】

・【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-】『よくわかる「大逆転裁判」ダイジェスト劇場』を毎週金曜日に4週連続公開!!イーカプコン限定版に同梱される各種グッズの追加情報も到着!

・【ネタバレあり】『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』プレス体験会レポート

・ニンテンドー3DS『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』追加情報続々更新!!プレミアム体験会も開催決定!

・ニンテンドー3DS『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の発売日が8月3日(木)に決定!

・豪華出演陣による思い出トークに朗読劇、LIVEで盛り上がった「逆転裁判 15周年 特別法廷」イベントレポート

・祝!生誕15周年!「逆転」シリーズ15周年公式サイト、本日リニューアル!

・「逆転裁判 15周年 特別法廷」 2017年1月22日(日)開催決定!

・東急ハンズ梅田店にて「名探偵コナンフェア」」「逆転裁判~その『真実』、異議あり!フェア」が大好評開催中!

・【逆転裁判6】公式サイトにて成歩堂と王泥喜がわかりやすく解説する動画「霊媒ビジョン講座 応用編」が公開!!

・ついに『逆転裁判6』発売!発売記念の開発スタッフ(江城P&山﨑D)サイン&握手会 レポート!

・『逆転裁判6』発売記念 つくろう!逆転裁判 コンテスト、結果発表!!編集部が作成したオリジナル法廷劇も公開!

・『逆転裁判6』公式サイトにて開発ブログが開設!

・本編の後日談となる特別編の期間限定無料配信も発表!『逆転裁判6』 完成披露会 発表情報

・逆転裁判の証人にいそう?!芸人「ピスタチオ」も登壇!『逆転裁判6』 完成披露会 イベントレポート

・『逆転裁判6』発売間近!生放送特番が5月17日(火)20:00から放送決定!!

・『逆転裁判6』発売記念「つくろう!逆転裁判 コンテスト」が開催!!

・逆転裁判シリーズ最新作『逆転裁判6』のサウンドトラックが7月13日に発売決定!

・「ニコニコ超会議」4月29日(金・祝)に『逆転裁判6』のステージが決定!!スペシャルゲストは王泥喜法介役のKENN!!

・『逆転裁判6』今回は基本となる「探偵パート」「法廷パート」を紹介!

・『逆転裁判6』2つの国を舞台に2人の主人公が活躍!今作のライバル検事が遂に公開!

・『逆転裁判6』に希月心音の登場が判明!!

・『逆転裁判6』東京ゲームショウ2015にてプロモーション映像を公開!!

・アニメ化異議なし!!TVアニメ『逆転裁判』2016年4月放送決定!!

・「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- in 浅草花やしき」期間限定コラボイベント、いよいよ21日より開催!

・舞台「逆転裁判2 ~さらば、逆転~」再演の開廷に、異議なし!!!


2017/06/16
ゲーム レポート

アニロコのオススメ!

人気ランキング