今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【映画『鋼の錬金術師』】“ハガレン”ワールドが徐々に明らかに!!イタリアの空気漂う場面写真や死闘を予感させる場面写真が一挙到着!

170729_hagarenmovie_01

壮大なスケ―ルと世界観、想像を超越した物語で、海を越えて世界中を魅了する驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミックが実写化!全世界待望のファンタジー・アクション超大作『鋼の錬金術師』が12月1日に公開!

原作『鋼の錬金術師』は、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載された、発行部数は世界累計7,000万部超えの国民的人気コミック。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーは、今もなお世界中のファンを魅了し続けている。

原作“ハガレン”の連載が開始した日でもある7月12日には、マンガ、アニメ、映画、すべての“ハガレン”を招待したファンイベントを開催!選ばれし500人の“ハガレン”ファンが集結コスプレで身を包むファンも多くみられ、大盛り上がりとなった。また、アメリカ・サンディエゴで行われたコミコン・インターナショナル2017(7月20日~23日)では、現地時間22日、ワーナー・ブラザースの『ジャスティス・リーグ』のパネルに、フラッシュ役のエズラ・ミラーが、まさかのエドのコスプレで登場!“ハガレン”が、いかに注目度が高いコンテンツであることかを世界中に知らしめるサプライズとなった。

7月12日に開催した “ハガレン”ファンイベントで、一挙にお披露目となった本作主要キャラクターのビジュアル。翌日7月13日に予告Ⅲと合わせてWEB上で解禁され、解禁直後はYahoo!リアルタイム検索の上位ランキング20ワード中、“ウィンリィ”、“グラトニー”、“松雪泰子”、“本郷奏多”といった9ワードが検索ワードに入るなど注目を集め(7月13日Yahoo!リアルタイム検索調べ)、SNS上でも「『鋼の錬金術師』の実写……そっくりじゃん!アルフォンス完成度高いよ!!」、「鋼の錬金術師の実写でアルフォンス、グラトニー、ヒューズ、ブラック・ハヤテ号のできがすごい!」、「原作から飛び出してきたみたいにそっくり!こんなに再現できると思わなかった!」などといった、キャラクターたちのビジュアルの再現度の高さに驚く“ハガレン”ファンたちの声が寄せられた!今回解禁となった場面写真は、そんな注目が集まる本編から到着したもの!

170729_hagarenmovie_01 170729_hagarenmovie_02
170729_hagarenmovie_03 170729_hagarenmovie_04

焔の錬金術師であり、主人公・アルと弟エドの絆を守るマスタング大佐(ディーン・フジオカ)が、コーネロ教主が持つ賢者の石を手にしたシーン、アルとウィンリィ(本田翼)が“ハガレン”の代名詞でもある機関車での旅の道中で仲良くトランプをするシーン。これらからは、監督こだわりの撮影地であるイタリアの風を感じることができる。
本作では、16世紀中ごろの欧州をモデルとする原作の世界観を再現するため、イタリアでロケを敢行。『グラディエーター』(00年、米)の撮影地としても知られるピエンツァ近郊や、『トワイライト~初恋~』(08年、米)シリーズが撮影されたヴォルテッラ、世界遺産のシエナやフィレンツェでも撮影され、イタリア国鉄の協力により、現存する100年前の貴重な機関車を貸切り実際に走らせるなど大規模なものとなった。本編では、約1年間にも及ぶVFX処理が施され、日本映画におけるVFXとしては、製作期間、総カット数ともに史上最大規模なものに!

さらに、正確無比な腕前を持つ狙撃手であるから“鷹の目”という異名を持つホークアイ中尉(蓮佛美沙子)が仲間たちと共に銃を構えるシーン、《ホムンクルス》という七つの感情に魂を込めた人造人間の一人・“嫉妬”エンヴィ―(本郷奏多)が不気味な様子で闇の中で一人佇むシーン。これらからは、今後起こるであろうエドとアルの兄弟の壮大な旅路に待ち受ける壮絶な死闘を予感できる。

本作を手掛けるのはジェームズ・キャメロン監督の下『タイタニック』(1997)のCGを手掛け、『ピンポン』(2002)で日本映画の新たな扉を開いた曽利文彦。最先端のVFX技術を駆使して作り上げた“ハガレン”ワールドが全開!果たして、兄弟の運命とは?!

今回解禁された場面写真から原作の名シーンの数々が劇中でも収められていることが分かる。構想約10年の時を経て映画化される本作。本編完成までご期待いただきたい!


12月1日(金)、超ド級の冒険始まる。

【STORY】
「返せよ、足だろうが、両腕だろうが、心臓だろうが、くれてやる。だから返せよ!たった1人の弟なんだよ!」

大好きだった亡き母を生き返らせようと、幼い兄弟は最大の禁忌(タブー)を犯した──。
「これだ!この理論なら完璧だよ! 母さんを生き返らせることができる!」
幼くして錬金術の天才的な才能を見せるエドは、弟アルと、ついに”人体錬成”の理論にたどり着く。
母さんにもう一度会いたくて、その笑顔が見たくて…、迷わず前に進んだ幼い兄弟の運命はしかし非情なものだった。二人の錬成は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を代価として”持っていかれて”しまう。
瀕死のエドはとっさに無謀な再錬成に挑み、右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させる。あまりに多くを失ったエドだが、決して諦めはしなかった。すべてを取り戻すため、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドをやがて人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”、と──。

※錬金術とは
物質の構成や形状を変化させ、新たなものに作りかえることができる、一見魔法のようだが、「等価交換」を原則とする厳正科学。この術において、最も禁止されていることが、“人間”自体を作ること。この兄弟は、幼いがゆえに死んだ愛する母親にどうしても会いたいと、蘇らす人体錬成を行ったが、失敗。その代償として身体の一部を失ってしまった。

山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多 / 國村 隼
石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜
大泉 洋(特別出演) 佐藤隆太 / 小日向文世 / 松雪泰子

原作:「鋼の錬金術師」荒川 弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦(『ピンポン』)

製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会
制作プロダクション:OXYBOT

配給:ワーナー・ブラザース映画

http://hagarenmovie.jp
https://twitter.com/hagarenmovie #ハガレン

©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会


 


【関連記事】

【映画『鋼の錬金術師』】山田涼介・本田翼・曽利監督が世界へ!アニメエキスポ/ジャパンエキスポオフィシャルレポート到着!前売り特典付きムビチケカード情報も!

映画『鋼の錬金術師』待望の新ビジュアルを公式HPにて初公開!原作コミック連載開始日となる7月12日にファンイベント開催が決定!

【AnimeJapan 2017】“ハガレン”史上初!大規模原画展の開催日と会場が発表!!荒川弘先生描き下ろしの原画展キービジュアルも解禁!

映画『鋼の錬金術師』公式サイト内で遂にティザービジュアルを初披露!一部しか明かされていなかったアルフォンスの姿を公開!“ハガレン”史上初、大規模原画展の開催が決定!!

フルCGのアルフォンスの姿も!実写映画「鋼の錬金術師」の映像初解禁となる30秒超特報が公式サイト内にて遂に公開!

国民的超人気コミック『鋼の錬金術師』実写映画化が決定!2017年最大の映画プロジェクト、世界に向けて始動!山田涼介が本気で挑む!

2017/07/29
マンガ・ラノベ・本 声優 特撮・実写

アニロコのオススメ!

人気ランキング