今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

東方仗助役・山﨑賢人×ジョジョ原作者・荒木飛呂彦が、ジョジョの聖地“杜王町(仙台)”で初共演!! 原画展開催前夜スペシャルプレビュー開催!

170813_jojo_01

仙台の劇場に山﨑賢人が登場!!
さらに、東方仗助役・山﨑賢人×ジョジョ原作者・荒木飛呂彦が、ジョジョの聖地“杜王町(仙台)”で初共演!!
公開記念舞台挨拶&原画展開催前夜スペシャルプレビュー開催!

生誕から30年を迎える人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画化が実現!
原作がシリーズ累計発行部数1億部を超える今年最大の話題作、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より公開中だ。

本作は、スイス、ヌーシャテルで6月30日から7月8日まで開催されたヨーロッパを代表する映画祭である第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭でワールドプレミアとして、現地時間7月2日(日)に、世界の映画ファンへ向け完成した本作を初お披露目するだけでなく、コンペティション部門にも選出。見事、投票で選ばれる“観客賞(RTS Audience Award)”を受賞し、日本のみならず、世界からも注目を集めている。

映画を観た観客からは「スタンドのクオリティーが良かった!!! 第2章もやって欲しい(´。?ω?。 ` )」、「スタンドバトルが臨場感ありありで見ごたえ十分です! これは皆さん必見☆」「おいどうした邦画!!!思った以上によかったよ!CGがCGらしくない!スタンドバトルが迫力あってドラララララララ!!!もオラオラも良い好い!!!!こりゃ2章に期待しちゃうよ!!!」といったスタンドバトルに胸を熱くして大興奮する声がSNS上で上がっている。

また、8月12日(土)~9月10日(日)に仙台市にて映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の原作者である、荒木飛呂彦の原画展、「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」を開催。

その開催前夜である、8月11日(金・祝)に映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で主人公・東方仗助を演じた山﨑賢人が物語の舞台・杜王町のモデルとなった、ジョジョの聖地・仙台を訪問!

「ジョジョの奇妙な冒険」作者である荒木飛呂彦と共に原画展を巡るスペシャルプレビュー(内覧会)を実施した。

ジョジョの聖地“杜王町(仙台)”で行われる山﨑賢人×荒木飛呂彦の夢の共演に注目だ!

オフィシャルレポートが到着したので紹介する。


【映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開記念舞台挨拶in仙台 概要】

■日時:8月11日(金・祝)
■場所:TOHOシネマズ仙台
■出演者(敬称略):山﨑賢人

<イベントレポート>
満席の劇場に映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で主人公の東方仗助を演じた山﨑賢人さんが登場し、客席からは黄色い歓声が沸き起こりました。劇場に集まった仙台のファンたちに向けて山﨑さんは「本日は足をお運び頂きありがとうございます。“ジョジョ”の舞台・杜王町のモデルとなった仙台に来ることが出来て非常に嬉しく思っています」と、仙台に足を運ぶことが出来た喜びのコメントを寄せました。

山﨑さんが本作のプロモーションで仙台に訪れるのは初めてで、仙台の名産である牛タンを楽しんだことを明かし、続けて以前仙台を訪れた時のことを、「仙台に行かせていただき、ジョジョのモデルになった場所を色々まわっていて(劇中で伊勢谷友介さん演じる空条承太郎が宿泊した杜王グランドホテルのモデルとなった)江陽グランドホテルに行けてびっくりしました。本当に<杜王町>のモデルとなった場所に行くことができて不思議な気持ちでした」と語り、仙台での思い出を振り返りました。

本イベントは上映後の舞台挨拶ということで、作品を観たばかりの観客に山﨑さんは「不良二人に絡まれるシーンがありますが、そのシーンは初めてスタンドを出すシーン。最初のスタンドを出すところはどうだしたらいいのか考えながら、まず監督にやってみてくれと言われました。不良にキレながら近づいていってスタンドを出した時に、自分が殴るのではなく、スタンドが不良を殴るので、肩だけぐっと下げてみました。前例がないので、監督が『いいよ』と言ってくれました」と、スタンドという形ある超能力を使える人物を演じる上での演技にまつわる裏話を教えてくれました。また、山﨑さんは原作ではキャラクターたちのフォルムも非常に特徴的なので、原作に寄せて体の形を作ろうと考えたそうですが、監督が「気持ちが大切」というアドバイスを山﨑さんにし、その言葉を受けて気持ちを大切に演技を重ねていったことを明かしました。

最後に観客に向けて「皆さんに作品を観て頂いたので、それ以上のことを言うのは難しいのですが、この作品は僕にとって転機、節目になった作品です。ターニングポイントとなった作品ですし、この作品を通して成長することが出来ました。今日観ていただいた皆さんに応援して頂いて、どんどん作品が広がっていければいいなと思います。スタンドが映像になっていますが、スタンドというものは“ジョジョ”でしかないので、大スクリーンで観ることができるのは今しかないですし、人間の愛と成長も描かれているので、何回観ても楽しめる作品です。映画、原作と一緒に盛り上がっていければいいなと思います。本当に今日はありがとうございました」という熱いメッセージを贈り、会場は熱気に包まれたままイベントは幕を閉じました。


【「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」開催前夜 スペシャルプレビュー 概要】
■日時:8月11日(金・祝)
■場所:せんだいメディアテーク(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
■出演者(敬称略):山﨑賢人、荒木飛呂彦

<イベントレポート>
漫画家・荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」誕生30周年を記念して、8月12日(土)より開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の開催前夜スペシャルプレビューイベントを開催。この原画展には200枚以上のカラー原画と180枚以上の作品本編の原稿を常時展示しており、入替を含む総原画展示数は、5年前の仙台展の倍となる約500点となります!

「ジョジョの奇妙な冒険」の原作者・荒木飛呂彦先生と、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で主人公・東方仗助を演じた山﨑賢人さんがジョジョ展開催の前日に一緒に会場を回り、“ジョジョ”にまつわるトークを繰り広げました。「ジョジョの奇妙な冒険」の生みの親である荒木先生と一緒に原画を見るとういうことで、山﨑さんは「めちゃくちゃ嬉しいですし、緊張します」と興奮しながら、「杜王町のモデルとなっているここ仙台で荒木先生と一緒にまわれるのが本当に嬉しいです」と感無量の様子。荒木先生は「ジョジョ展は2012年以来5年ぶりに仙台で開催させて頂き誠に光栄です。今日は東方仗助役の山﨑さんに来て頂いて、本当に嬉しいです。カッコいいですよね、最近は逆に山﨑さんをみて絵を描いています」と、映画で主人公の仗助を演じた山﨑さんを見ながら絵を描いていることも明かしました。

ジョジョ展には色とりどりの魅力的な原画が並び、荒木先生は山﨑さんに「雑誌に載せるために描いているんですが、色の深みについては見て頂きたいなと思っていることで原画展があります。組み合わせたときに色のパワーが出てくると信じて塗らせて頂いています。適当に塗っていません。ちゃんと考えています」と、原画展をまわりながら説明。すかさず、山﨑さんも「仗助も紫になっていたり青になっていたりしますよね」と返し、荒木先生が「絵画的な部分があるので何色と決まっていないんです」と、自身のこだわりを明かしました。

“ジョジョ”トークが熱くなる中、2人は4部の展示場所に移動し、2012年のジョジョ展の際に描かれた仗助と杜王町の絵の前で立ち止まり、感慨深げに鑑賞。荒木先生が仗助の独特なポージングを山﨑さんに指導しながら、絵の前で一緒に仗助のポーズをとる一幕もありました。

続いて、2人の話題は仗助のリーゼントへと移り、荒木先生は「ミッキーマウスは真っ黒にしてもシルエットでわかりますが、仗助の髪形も真っ黒にしても分かるようにリーゼントにしました。(髪形の)とんがっていたのはバットマンを意識していました」と、仗助のリーゼント誕生秘話も明かしてくれました。また、山﨑さんと一緒に映画でも再現された原作のシーンの原画を一緒に観ながら荒木先生は「皆さんのキャラづくりが本当に素晴らしくてストーリーにちゃんと乗っていて、世界観を支配するように作っていただいて素晴らしい」と、映画に太鼓判を押す場面もありました。

さらに、山﨑さんは荒木先生に「治して戦っていくのがとても斬新で魅力的。クレイジー・ダイヤモンドの治すという能力が不思議な感覚に陥りました。戦って鼻が曲がっても、あ、治るんだ!?っていう能力が凄い」と、仗助の形ある超能力であるスタンド<クレイジー・ダイヤモンド>について語ると、「絵で描いていても面白いんですよ。一回破壊して治すという連続性が映画向きなのかなと思います。素晴らしいです」と、原作が映像化に適していることを分析しました。

また、山﨑さんが原画展の中でお気に入りの一枚を問われると31巻の表紙の絵であることを明かし、「仗助の横顔から伝わってくる力強さやリーゼントのシルエットが好きです。4部の第一話で最初に叩かれたシーンを見てキレないんだと思い、すごく印象に残っています。本当に強い男はキレない。優しさというか、そういうものを感じます」と、自身の演じた仗助というキャラクターの魅力について言及。荒木先生も「僕も描いていて好きです。横顔だけど光が当たるところに苦労している。あとは品の良さ。窓ガラスのところで何かが起こっているんです」と、山﨑さんに共感しました。

最後に荒木先生から「仙台のジョジョ展にいらして頂き誠に光栄です。こんな記念すべきことはない」と山﨑さんに感謝の言葉を述べ、山﨑さんも「30周年という記念すべき時に呼んで頂き、映画では仗助をやらせていただき光栄です」と感謝しきり。荒木先生は「普通でいても仗助です!」と山﨑さんがいかに仗助役にぴったりであるかについてコメントを残し、スペシャルプレビューイベントは和やかに幕を閉じました。

【山﨑さんの原画展の感想】
生みの親である荒木先生と一緒にまわることができて、こんなに幸せな時間はなかったです。これからじっくり見たいなと思っています。先生の貴重な時間を杜王町のモデルとなった仙台でご一緒できて嬉しかったです。印象に残ったのは、原画って生でみると色の鮮やかさや深さが違うなと思うので、荒木先生の書いた絵の色だったり、ポージングを見ることができて興奮しています。この原画展は、皆さん1つ1つ楽しめるので是非来てください。そして映画も一緒に盛り上がっていければいいと思います。

170813_jojo_02 170813_jojo_03 170813_jojo_04 170813_jojo_05
【開催概要】
◆名称:荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017 (以下「原画展」)
◆会期:2017年8月12日(土)~9月10日(日) 10:00~19:00(最終入場18:30)
※8月24日(木)は休館。展示の一部入替を行います。
◆会場:せんだいメディアテーク 6Fギャラリー(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)
◆アクセス:仙台市地下鉄 勾当台公園駅 「公園2」出口から徒歩6分
◆主催:ジョジョ展 in S市杜王町2017実行委員会(※)、仙台市
◆協力:株式会社集英社
◆協賛:(株)松栄堂、(株)ローソンHMVエンタテイメント、(株)タニタ、
(株)バンダイナムコエンターテインメント、勝山企業(株) 仙台勝山館、
仙台まるごとパス運営協議会
機材協力:パナソニック(株)
※仙台市、(株)河北新報社、大日本印刷(株)、(公財)仙台市市民文化事業団、(公財)仙台市観光国際協会で構成


【本原画展の注目ポイント!!】

(1)多数の原画を展示!
200枚以上のカラー原画と180枚以上の作品本編の原稿を常時展示しています。入替を含む総原画展示数は、5年前の仙台展の倍となる約500点となります。

(2)巨大コミックの出現!
会場には「ジョジョの奇妙な冒険」第4部のコミック各巻表紙を巨大化したオブジェを展示しています。巨大コミックには各巻の名場面の原稿を展示しています。

(3)東方家を忠実に再現!
「ジョジョの奇妙な冒険」第8部「ジョジョリオン」で主人公定助が居候する東方邸を会場内に再現!リアルな外観・内装はもちろんのこと、最新にして初展示となる第8部のカラー原画にもご注目ください。

(4)杜王新報を来場者全員に配布!
原画展来場のみなさまに原画展と関連情報満載の「杜王新報 特別号外」を会場でお渡しします。また、原画展と荒木先生のさらなる魅力に迫る「杜王新報 朝刊 ジョジョ展特別号」を原画展会場と物販会場で販売します。

(5)原画展会場限定の公式パンフレットを発売!
原画展会場では、会場限定グッズとして公式パンフレットを販売します(税込1500円)。入替分を含む展示原画を網羅したパンフレットは圧巻の仕上がり!ご来場の記念にぜひお求めください。

チケットについて
(1)券種
①「日にち指定土日券(8/14~8/16含む)」
②「平日券」 期間中の土曜日、日曜日、8月14~16日及び24日以外はいつでも入場可

(2)料金
大人 当日2,000円、高校生以下 当日1,200円(未就学児は入場無料)
・チケットはいずれも数量限定です。
・「日にち指定土日券」は売り切れの日もありますのでご注意ください。
・混雑状況により、平日券での入場可能日に入場制限がかかる場合がございます。

(3)販売方法
ローソン・ミニストップに設置の端末Loppiまたはローソンチケットホームページよりご購入ください。原画展会場での当日券の販売は行っておりません。
【Lコード:24000】


大ヒット公開中!

<STORY>
平和な町を震撼させる連続変死事件――。1人の高校生が悪に立ち向かう!
<スタンド>と呼ばれる特殊能力を持つ高校生、仗助。彼の住む杜王町では、最近、変死事件が続発していた。仗助は偶然、同じくスタンド使いであり、一連の事件に関わる凶悪犯アンジェロの犯行を邪魔してしまったことから、次の標的にされてしまう。家族と町を守るため、アンジェロと戦うことを決意した仗助。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる「クレイジー・ダイヤモンド」。そんな最も優しい力を持つ仗助は、彼に危険を知らせに来た承太郎と共に、最凶の力を使うアンジェロに立ち向かう。果たして、仗助と町の運命は―?

原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:三池崇史
配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画

出演:山﨑賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介

公式サイト:jojo-movie.jp
公式twitter:jojomovie_jp
公式Instagram:jojomovie_jp

©2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 ©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社


 


【関連記事】

・映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』超豪華キャストが集結した公開記念舞台挨拶 レポート

・映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』空条承太郎のスタープラチナと広瀬康一のエコーズの全貌が明らかになる新映像が解禁!!

・映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』新予告&バナービジュアルが解禁!

・8月4日に公開となる映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から広瀬康一、山岸由花子、虹村形兆、虹村億泰、アンジェロ、空条承太郎のビジュアルを紹介!

・映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』から2017年のグレートな幕開けにふさわしい、山﨑賢人の激キメ仗助ビジュアルが解禁!

・年間合わせて洋画、邦画のナンバーワンを目指す!実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で世界に打って出る。発表会見 レポート

・【速報】ジョジョ第四部が実写映画化!「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」監督&キャスト発表


2017/08/13
イベント マンガ・ラノベ・本 レポート 特撮・実写

アニロコのオススメ!

人気ランキング