今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】裏話も満載のクロストークで盛り上がった『無限のリヴァイアス』オールナイト上映 トークショー レポート

170831_sun_fes_02

それぞれの時代を彩ったサンライズ作品の上映を行う夏の風物詩『サンライズフェスティバル(以下、サンフェス)』。今年は『サンライズフェスティバル2017 翔雲』と題し、8月11日(金)~8月25日(金)までと9月2日(土)~9月16日(土)までの二部に分けて、全30日間をかけて新宿ピカデリー、テアトル新宿、TOHOシネマズ 新宿の大きなスクリーンでサンライズ作品を楽しむことができる。

8月25日はテアトル新宿にて『無限のリヴァイアス』オールナイト上映が行われました。進行をシリーズ構成の黒田洋介氏が務め、谷口悟朗監督、そしてキャストから相葉昴治役の白鳥哲さん、相葉祐希役の保志総一朗さんも登壇したトークショーも行われ、第一部の最終日を盛り上げました。その様子を少しだけお届けします。

170831_sun_fes_01

トークはまず、初めて観る人もいるのかを谷口監督が会場へと問いかけます。すると何人かの手が挙がり、その人たちに今回のイベントで本作を好きになってもらえたら嬉しいと呼びかける保志さん。黒田氏と谷口監督が、今回は1話や最終話も無いセレクションされた話数の上映になっているけど好きになってくれるのだろうかと保志さんに尋ねると、今回興味を持ってもらって10月に発売になるBlu-ray Boxで補完してもらえればと、しっかりとBlu-ray Boxの宣伝も交えた掛け合いもありました。

そしてそのBlu-ray Boxに収録される音声特典、メインキャスト陣による新録オーディオコメンタリーについて触れていきます。なんとこの日、最終話のオーディオコメンタリーの収録を、白鳥さんと保志さん、そして尾瀬イクミ役の関智一さんで行ってきたことが語られ、ファンを驚かせます。

そのまま当時の収録の思い出も語られていきました。関さんは当時、どうしてもスケジュールが合わず、ほぼ別での収録だったのだそうです。そのため、チック・クラート役や、クライス・モラーテ役などを務める遠近孝一さんがイクミの代役を務めて収録を行っていたエピソードが語られました。通常の収録では代役を誰かが演じるといったことは無いため、とても珍しい現場だったのだそうです。また関さんのスケジュールが厳しいのは重々承知していたけれど、作品を安定させるために関さんにはいてもらいたかったと谷口監督は語っていました。

また谷口監督からは若者全員に立ち向かえる人として若本規夫さん(コンラッド・ヴィスケス役)を決め打ちで指名したこと、また関さん以外にも檜山修之さん(エアーズ・ブルー役 ほか)と島田敏さん(ルクスン・北条役 ほか)も本作に何かしらの役で出演してほしいと要望を出していたのだそうです。関さんとは『機動武闘伝Gガンダム』、檜山さんとは『勇者王ガオガイガー』で仲良くなり、島田さんは演出を始めた頃のレギュラーだったそうで、TVアニメの初監督を務めた本作ではそういった安心できる人たちと一緒に作りたかったという思いが谷口監督から語られました。

白鳥さんは当時まだアニメ作品への出演に慣れていなかった頃だったそうです。ちゃんと自分の中に入ってくるよう、セリフも覚えていたそうで、役作りにとても苦労していたことを明かしました。そんな昴治が染みついている白鳥さんは、最近保志さんと会うと親せきと会っているような、どこか嬉しくて、そしてどこか恥ずかしいような気持ちになると語っていました。

また保志さんの声質についてのトークもありました。高音と低音が同時に出ている声なので、イラついてる気分や落ち着かない気分を表現するのには、とてもマッチするのだと谷口監督。そういった分析をされていることを初めて聞いたそうで、保志さんも驚いた様子でした。また保志さん本人の持つイメージから、『スクライド』で保志さんが演じるカズマのキャラクターができていったと話す黒田氏。そのまま、登壇している四名が携わっている『スクライド』のトークも盛り上がりました。谷口監督と黒田氏は『無限のリヴァイアス』から『スクライド』の制作に、タイムラグ無しで入っていったこともあり、どちらも同じくらいの思い入れがあるのだと語っていました。

ここで再びBlu-ray Boxの特典の話題に戻り、ブックレットに谷口監督と黒田氏の対談が掲載されることにも触れました。当時の資料を見て、そういう設定もあったと当時を思い出しながら行われたそうです。そこから初期はリヴァイアスという名前や番組タイトルも色々な理由があって変わっていったことが谷口監督から語られました。その対談は台風が直撃した日に行われたそうなのですが、黒田氏は自分の作品のアフレコ収録で台風などの悪天候に見舞われると、その作品は必ずヒットするというジンクスがあると語りました。

そして本作のオーディションについてのトークも盛り上がりました。保志さんは昴治のオーディションを受けたそうで、当時は昴治のようなキャラが自信があって、イケると思ったそうです。ただその言い知れぬ自信が裏目に出てしまい、「揺らぐ」主人公である昴治にしては完成し過ぎていたため選ばれなかったと谷口監督と黒田氏が明かしました。そんな「揺らぐ」主人公に選ばれた白鳥さんについて、保志さんはアニメであまり聞いたことのない 主人公の演じ方にショックを受けたといいます。白鳥さんは本作はこれだと決めず自然体で揺れまくろうと思って演じていたと語り、それで良かったと思うと谷口監督も太鼓判を押します。

白鳥さんは演じる役に入り込むタイプの役者だそうで、昴治をボコボコにする祐希のこともどんどん嫌になっていったそうです。『スクライド』の無常矜侍や『ブレンパワード』の伊佐未勇などでも同じで、この日昴治のテンションだったという白鳥さんですが、『スクライド』の話題になると無常が出てきてテンションが上がると話し、会場の笑いを誘っていました。

そうして選んだキャストとスタッフを繋ぐ音響監督の浦上靖夫氏とのエピソードも語られました。谷口監督はよく浦上氏と喧嘩したと告げ、会場を驚かせます。喧嘩するということは考え方が違うから起きることが多いので、そうして一度立ち止まり、別の考え方もできるというのはマイナスな事だけではないと話していまし た。また黒田氏からは、桑島法子さん演じる蓮仙あおいが昴治の前で号泣するシーンで、セリフと口パクを合わせる作業を浦上氏が率先して行っていたそうで、とても成熟させてきた特別なシーンだったために、自分と同じようにそのシーンを大事にしてくれたことが、とても印象に残っていると語っていました。またこのシーンについては、収録現場も雰囲気が違っていて、胸がギュッと締め付けられるような、そんな何かが違うと感じていたと、白鳥さんも強く思い出に残っているそうです。

様々な作品をまたいで繰り広げられた楽しいトークも終了の時間に。最後に会場のファンへとメッセージが贈られました。

本作をぜひ多くの人に伝えていってほしいという願いや、本作があって今の仕事を続けてこれたきっかけとなったことなど、それぞれの思いを込めて会場のファンへと伝えていました。

挨拶後に黒田氏は自身が構成・脚本を担当する『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』をちゃっかりと宣伝するなど、作品をまたいでサンライズ作品の話が聞くことが出来るのもサンフェスの醍醐味の一つ。9月2日より始まる第二部ではトークショーのゲストに『シティーハンター』の原作者の北条司先生、『ミスター味っ子』原作者の寺沢大介先生が登壇。『機動戦士ガンダム00』の舞台挨拶にはキャラクターデザインの高河ゆん氏の登壇も決定と、多彩なゲストを交えてお送りするお祭りに、ぜひ参加してみてほしい。

※kome※

◆谷口悟朗監督によるかつての郷愁に浸りつつルクスンもそこそこ堪能できるセレクション

上映話数
Sere 4 リヴァイアスのわ
Sere 7 かわりゆくとき
Sere 9 ヴァイタル・ガーダー
Sere 10 しんじられなくても
Sere 11 まつりのあと
Sere 13 ふれあうことしか
Sere 16 ゆがむせかい
Sere 18 わかりあえない
Sere 21 あしたなんかいらない
Sere 23 ちぎれたかこ
Sere 24 あいばこうじ
Sere 25 おれであるために

170831_sun_fes_03 170831_sun_fes_04 170831_sun_fes_05 170831_sun_fes_06

※kome※

【日程】
●第2部 9/2(土)~9/16(土)
全15日間(通常上映:12回、オールナイト:3回)

【会場】
TOHOシネマズ 新宿

【公式サイト】
http://www.sunrise-inc.co.jp/sunfes/

【チケット情報】
●オールナイト:イープラスにて販売中
●通常上映:9月3日~9月8日劇場にて販売中
●通常上映:9月10日~9月15日9月3日より劇場にて販売

【料金】
オールナイト:4,300円(税込)
通常上映:1,800円(税込)

【オールナイト】
9月2日(土) 魔神英雄伝ワタル 秋祭り2017
ゲスト:田中真弓(戦部ワタル役)/伊倉一恵(虎王役)
司会:神志那弘志

9月9日(土) THEビッグオー
ゲスト:片山一良(監督)/さとうけいいち(コンセプトワーク・スーパーバイザー/キャラクターデザイン・メカニックデザイン)/小中千昭(シリーズ構成)/宮本 充(ロジャー・スミス役)
司会:氷川竜介

9月16日(土) シティーハンター
ゲスト:北条 司(原作)/こだま兼嗣(監督)/諏訪道彦(プロデューサー)
司会:植田益朗(プロデューサー)

【通常上映】
9月3日(日) 機動戦士ガンダム00
ゲスト:水島精二(監督)/高河ゆん(キャラターデザイン)

9月4日(月) 星方天使エンジェルリンクス
ゲスト:古里尚丈(プロデューサー)

9月5日(火) クラッシャージョウ 氷結監獄の罠、最終兵器アッシュ
ゲスト:佐々木るん(アルフィン役)

9月6日(水) セイクリッドセブン

9月7日(木) ミスター味っ子
ゲスト:寺沢大介(原作)/高山みなみ(味吉陽一役)/高木渉(作業員役:声優デビュー)

9月8日(金) クラシカロイド
ゲスト:藤田陽一(第1シリーズ監督/第2シリーズ ストーリー監修)/馬引 圭(第2シリーズ監督)

9月10日(日) 10th Anniversary アイドルマスターXENOGLOSSIA
ゲスト:長井龍雪(監督)/坂上陽三(アイドルマスター総合プロデューサー)

9月11日(月) 覇界王降臨記念上映「ベターマン」

9月12日(火) 無敵超人ザンボット3
ゲスト:氷川竜介

9月13日(水) ファイ・ブレイン~神のパズル
ゲスト:佐藤順一(監督)/古里尚丈(プロデューサー)

9月14日(木) 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO
ゲスト:福田己津央(監督)

9月15日(金) 元気爆発ガンバルガー
ゲスト:金巻兼一(ストーリーコーディネイト)

その他、上映作品等は公式サイトをご覧ください。

※上映日程・ゲストは変更及び追加の可能性があります。あらかじめご了承ください。


【サンライズフェスティバル2017 翔雲 レポート記事】

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】湿っぽいのはらしくない。田中一成さんとの思い出トークに心が打たれた『プラネテス』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】湖川友謙氏によるライブドローイングも!『聖戦士ダンバイン』オールナイト上映 トークショー レポート

世界が注目する『機動戦士ガンダム サンダーボルト』遂にインターナショナル版トレーラー公開!!サンライズフェスティバルトークショーのレポートも到着!!


【サンライズフェスティバル2016 満天】関連記事

マグナムエースとマッハウインディ、ダブル主人公のキャストも登壇した『疾風!アイアンリーガー』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】『TIGER & BUNNY』プロジェクトへのリクエストコーナーもあった『新規5.1ch版 THE SOUND OF TIGER & BUNNY』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】坂本真綾、デビュー作を振り返って涙『天空のエスカフローネ』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】制作の裏側まで熱く語られた『コードギアス 反逆のルルーシュ』オールナイト トークショー レポート

©SUNRISE


 


【関連記事】

【サンフェス】サンライズフェスティバルが今年も開催決定!『サンライズフェスティバル2017 翔雲』

2017/08/31
アニメ イベント レポート 声優

アニロコのオススメ!

人気ランキング