今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

「全員の総力戦で作った、カラフルな幕の内弁当」「超!脱獄歌劇『ナンバカ』」本日開幕!

170914_nanbaka_stage_02

2017年9月14日(木)より、東京・Zeppブルーシアター六本木にて超!脱獄歌劇『ナンバカ』が開幕した。

スマートコミック&ノベルサービス「comico」にて大人気連載中の漫画『ナンバカ』(原作:双又 翔)が、2016年10月のテレビアニメ化に続き、“アニメの舞台化”という新しい試みがついに開幕した。

舞台は、海上に浮かぶ孤島にして、難攻不落の巨大刑務所“南波刑務所”。そこで脱獄を目論む、個性豊かな4人の囚人と、彼らの脱獄を阻む最強看守たち! 最高にピュアでおバカな奴らの物語が、歌にアクションに多彩な演出となっている。

本作の初日開演を前に公開ゲネプロが行われたが、ゲネプロ開始前には赤澤 燈(ジューゴ役)、北園 涼(ウノ役)、汐崎アイル(ロック役)、安川純平(ニコ役)、郷本直也(双六 一役)、そして脚本・演出を担当した川尻恵太氏の6人から意気込みが語られた。

170914_nanbaka_stage_01

赤澤は明るく元気なテンションで「疾走感のある“バカ”が2時間走りっぱなしで、キャストも“いいバカ”ぞろい!」と稽古場から雰囲気のいい現場だったことを振り返りつつ本作のタイトルにかけて魅力をアピール。

北園は「原作を読んでキャストと触れ合っていくうちに、舞台上以外のところでも『ナンバカ』っぽい13舎のような雰囲気になってきて。13舎以外のメンバーも『ナンバカ』っぽい雰囲気で、真面目にバカをやっている」とのことで、「お客さんのリアクションが楽しみ」と語った。

汐崎は、前日に行われた場あたりの際には自然とキャラクター名で他のキャストたちを呼んでいたとのことで、アニメや原作からの関係性、「13舎」の空気が出来ているとのこと。「他のキャストの歌を口ずさんだり、劇場に入ってボルテージが上がっている」そうだ。

そして安川は「舞台ならではの、舞台でしか出せない部分、漫画に描かれていない部分も楽しんでもらえたら」とアピール。「いいバカ代表として、楽しんでいきたい」と意気込みを語った。

もともと本作が好きだったという郷本は、好きな役を演じられることへの喜びを語り、「疾走感のある作品で、最初から最後まで、2時間飽きずにすぎていくのでは」と本作について語ってくれたが、憂鬱なことがひとつあるとのこと。その理由はこれまでコンタクトを入れたことがなかったため、自分ではうまく入れることが出来ず、メイクさんに入れてもらっていた現場を、10年ぶりくらいに共演したという一声三鶴役の髙木 俊に目撃され「お前メイクさんに甘える役者になってんな」と言われたことがショックだったとのことで、楽日の24日までに自分でコンタクトを入れられるようになりたいと、個人的な目標にも熱意を燃やしていた。

そして、脚本・演出の川尻恵太氏は今回、普段書く分量の1.5倍の長さの脚本を書いたというのだが、稽古を始めてみると、いつもの芝居よりも短かったという。つまり単純に考えても普段の芝居の1.5倍の疾走感で演じられているということになる。しかし当然、観てわかる、意味が伝わる舞台になっている、とのこと。歌、踊り、殺陣、映像、客席を使ってのパフォーマンスと、さまざまな要素が目まぐるしく展開し、自身で芝居のパートを書いたことを忘れるほど盛りだくさんの様子。舞台装置もさまざまに動くとのことで、「全員の総力戦で作った、カラフルな幕の内弁当みたい」という舞台となっているとのこと。そして「刑務所の設定なのにカラフルで、刑務所のイメージが変わる、遊びに行きたくなるような公演になると思います」と、キャスト陣からも笑いの起こるコメントで締めくくった。

「前半から全力疾走」という本作、ぜひ舞台で体感してほしい。

170914_nanbaka_stage_03
170914_nanbaka_stage_04170914_nanbaka_stage_05
170914_nanbaka_stage_06170914_nanbaka_stage_07
170914_nanbaka_stage_08170914_nanbaka_stage_09
170914_nanbaka_stage_10170914_nanbaka_stage_11
170914_nanbaka_stage_12170914_nanbaka_stage_13


“ナンゲキワールド”をハイテンションに盛り上げるイベントを開催!

■その1 “ナンゲキキャストとナンバカ声優の面接室”

アニメのキャストと舞台のキャストが共演する夢のイベントが開催決定!

開催日時:9月20日(水)19時の回(終演後)
出演:
上村祐翔(アニメ版ジューゴ役)
小林大紀(アニメ版ニコ役)
赤澤 燈(舞台版ジューゴ役)
安川純平(舞台版ニコ役)
Kimeru(アニメ&舞台版キジ役)

開催日時:9月21日(木)19時の回(終演後)
出演:
柿原徹也(アニメ版ウノ役)
北園 涼(舞台版ウノ役)
汐崎アイル(アニメ&舞台版ロック役)
奥山敬人(アニメ&舞台版七夕星太郎役)

※面会室とは…いわゆる、アフタートークのこと。
※該当回のチケットをお持ちのお客様がご参加いただけます。

■その2“脱獄ルート(!?)へのご案内”

南波刑務所の囚人、看守たちが、お客様方のご退出をお見送りします。

9月14日(木)19時:
ジューゴ(赤澤)・ウノ(北園)・ロック(汐崎)・ニコ(安川)
9月15日(金)19時:
ジューゴ(赤澤)・一声三鶴(髙木)・五代大和(稲垣)・七夕星太郎(奥山)
9月16日(土)13時:
三葉キジ(Kimeru)・四桜犬士郎(内海大輔)・悟空猿門(橋本)・一声三鶴(髙木)
9月16日(土)18時:
ジューゴ(赤澤)・九十九(内海啓貴)・五代大和(稲垣)・七夕星太郎(奥山)
9月17日(日)13時:
五代大和(稲垣)・七夕星太郎(奥山)・双六仁志(野見山)・双六 一(郷本)
9月17日(日)18時:
ロック(汐崎).・ニコ(安川)・悟空猿門(橋本)・リャン(星乃)
9月18日(月)13時:
九十九(内海啓貴)・ムサシ(宮元)・リャン(星乃)
9月19日(火)19時:
ウノ(北園)・三葉キジ(Kimeru)・一声三鶴(髙木)・双六 一(郷本)
9月21日(木)14時:
ジューゴ(赤澤)・ウノ(北園)・ロック(汐崎)・ニコ(安川)
9月22日(金)19時:
ジューゴ(赤澤)・四桜犬士郎(内海大輔)・ムサシ(宮元)・双六 一(郷本)
9月23日(土)13時:
ウノ(北園)・ロック(汐崎)・ニコ(安川)・九十九(内海啓貴)
9月23日(土)18時:
九十九(内海啓貴)・リャン(星乃)・双六仁志(野見山)
9月24日(日)13時:
三葉キジ(Kimeru)・四桜犬士郎(内海大輔)・悟空猿門(橋本)・双六 一(郷本)

※参加キャストは、やむを得ない理由により予告なく変更する可能性がございます。予めご了承ください。


【公演タイトル】超!脱獄歌劇「ナンバカ」
【公演期間】2017年9月14日(木)~24日(日)
【劇場】Zepp ブルーシアター六本木
【原作】双又 翔(comico)
【脚本・演出】川尻恵太

◆出演◆
<ジューゴ役> 赤澤 燈
<ウノ役> 北園 涼
<ロック役> 汐崎アイル
<ニコ役> 安川純平
<三葉キジ役> Kimeru
<四桜犬士郎役> 内海大輔(FIZZYPOP)
<悟空猿門役> 橋本汰斗(FIZZYPOP)
<一声三鶴役> 髙木 俊
<九十九役> 内海啓貴
<ムサシ役> 宮元英光
<リャン役> 星乃勇太
<五代大和役> 稲垣成弥
<七夕星太郎役> 奥山敬人
<双六仁志役> 野見山拳太
<双六 一役> 郷本直也

<百式百子役> 明坂聡美(声の出演)
<ウパ役> 小林ゆう(声の出演)

能登屋ヒヒ丸 大輝 鶴田彩人 木村充希


チケット絶賛発売中!!

【チケット料金】
特別看守席:9,500 円(全席指定・税込)※特典付き
指定席:7,800 円(全席指定・税込)


稽古場ダイジェスト動画を公開!!

動画 URL: https://youtu.be/-vX_tkZsigA


制作:ネルケプランニング
主催:南波刑務所更生委員会/ぴあ/スカパー ! /Zepp ブルーシアター六本木運営委員会

【公式サイト】http://www.nelke.co.jp/stage/nanbaka/
【公式 Twitter】https://twitter.com/nanbaka_stage

©超!脱獄歌劇「ナンバカ」製作委員会 2017


【関連記事】
・超!脱獄歌劇「ナンバカ」“ナンゲキキャストとナンバカ声優の面接室”に柿原徹也が参戦決定!


 

2017/09/14
アニメ マンガ・ラノベ・本 レポート 声優 舞台

アニロコのオススメ!

人気ランキング