今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】土曜の夜、朝までぶっ通しでアニメを観る人間がいてもいい。それが自由というものだ。『THE ビッグオー』オールナイト トークショー レポート

170919_sun_fes_01

それぞれの時代を彩ったサンライズ作品の上映を行う夏の風物詩『サンライズフェスティバル(以下、サンフェス)』。今年は『サンライズフェスティバル2017 翔雲』と題し、8月11日(金)~8月25日(金)までと9月2日(土)~9月16日(土)までの二部に分けて、全30日間をかけて新宿ピカデリー、テアトル新宿、TOHOシネマズ 新宿の大きなスクリーンでサンライズ作品を楽しむことができる。

9月9日(土)には『THE ビッグオー』オールナイト上映が開催。この上映前には、司会を氷川竜介さんが務め、片山一良監督、コンセプトワーク・スーパーバイザー/キャラクターデザイン・メカニックデザインを担当したさとうけいいちさん、シリーズ構成の小中千昭さん、そしてキャストからロジャー・スミス役の宮本充さんが登壇したトークショーも行われました。

時間になると、宮本さんによるロジャーの声での影ナレが会場に響き渡ります。そして『THE ビッグオー』の世界へ浸る準備ができた会場へ、大きな拍手とともにゲストたちが迎え入れられました。

トークショーでは本作の成り立ちなどが語られました。始まりはさとうさんから。サンライズ作品で『シティーハンター』に携わっていたさとうさんですが、サンライズへと席を移すにあたりマニアックなロボットものを作りたいという思いがあったそうです。そこで「この企画でいこう!」と思った時に、さとうさんは自分だけでは心許なくて、先輩でもあり友人でもある片山監督を巻き込むことにしたのだと話します。

そんな片山監督ですが、普段行っていた玩具メーカーの意見を踏まえたメカの演出をするのではなく、自分たちがデザインしたメカを玩具にして宣伝していくといった、普段とは逆の立場になれるさとうさんの企画に、やってみたいと思ったのだといいます。

ただ、その企画も成立するまでは順調なことばかりではなかったそうです。さとうさんのデザインは、ヒットしている作品に多い「ガンダム」のような関節やスタイルをしたメカとは違い、樽のような形状で装備は隠し武器のために武器も持っていないものだったので、「マニアック」だとなかなか響かなかったエピソードも語られました。

170919_sun_fes_02

そういった苦労もありつつ、メカが決まり、そして小中さんが決まって世界観も出来て、キャラクター、キャストを決めていく段階に。片山監督はロジャーについて、洋画のようなものをやりたかったのでアニメのルーティンの人ではダメだと思っていたそうです。そこで洋画の吹き替えをしている人を探していて、トム・クルーズの吹き替えを担当していた宮本さんの声をたまたま観ていた洋画で聞いて、オーディション無しの決め打ちでロジャーをお願いすることにしたと告げました。

そんなイメージぴったりだった宮本さんですが、語りのセリフなどハードボイルド小説にあるような独特で難しい言い回しが多くて大変だったと語ります。その言い回しについて、小中さんはさとうさんと片山監督から聞いたイメージがアメリカのTVドラマだったので、好きな作品をイメージして書いていたらそうなったのだと話します。収録現場でセリフを噛んでしまったりと苦労している宮本さんを横目に、音響監督の鶴岡陽太さんに「何でこんなセリフ書くの?」って言われ肩身の狭い思いをしていたと告げ、会場の笑いを誘っていました。

さらに裏話は続きます。さとうさんは「ロボットで『バットマン』をやりたい」と思っていたと言い、本作で具現化できたことの喜びを語りました。また当時はセル画だったので、線が消えてしまうため黒のロボットはあまり好まれなかったことも明かします。今とは違い色数なども決まっていた時代でもあり、『THE ビッグオー』で使いたい特色を用意するために、さとうさんが携わっていた他の作品でその色を作ったという驚きの話もありました。

関連グッズについても触れました。プレミアムバンダイで10月9日(月・祝)23時が受注締め切りとなる「超合金魂 GX-48K ビッグオー 鉄(くろがね)仕上げ(フルパッケージ)」。ビッグオーは黒がテーマのロボットですが、こちらはさとうさんのイメージしていたざらついた黒となっていて、胸はシャンパンゴールドといった重厚感漂う商品となっています。その渋い佇まいにフィギュアとして飾るというよりインテリアとして置くのもいいのではとさとうさん。気になる方はぜひこちらをチェックしてください⇒http://p-bandai.jp/item/item-1000116685/

170919_sun_fes_04

さらにトークは続きます。さとうさんは小学生の頃に学級新聞に「ビッグオー」を描いていたそうで、その頃から思い描いていたものがアニメにまでなったこと話し、ファンを驚かせます。また小中さんはロボットものを手掛けるのは初めてだったそうですが、サンライズ作品は観ていたとのことで富野由悠季監督のセリフがインプリンティングされていることを思い知らされたと語りました。片山監督からはロボットのアクションを重い動きを意識していたものの、だんだん人の動くタイミングになっていったことなどを聞くことができました。

作中でロジャーが決めゼリフで言う「ビッグオー」の言い方について、最初にさとうさんから指示があったことも聞けました。あの言い方については洋画などで聞くようウィットに富んだものにしたかったそうで、音の響きを大事にしたセリフなのだそうです。この言い方について指示されたことは印象に残っていたようで、宮本さんも覚えていました。

そしてここで、前日9月8日に誕生日を迎えたばかりの宮本さんへのサプライズでケーキが登場。ファンと「Happy birthday to you」を歌い、ろうそくの火を宮本さんが吹き消すと大きな拍手が贈られました。

170919_sun_fes_03

宮本さんの誕生日を祝い、トークショーもいよいよ終盤。その後のオールナイトで上映されるFirst Seasonのみどころに触れていきます。さとうさんからオンエアされた11話に手を入れて片山監督も驚くほどとても作りこんだことや、小中さんからR・ドロシー・ウェインライト(CV:矢島晶子)が本当はゲストキャラクターの予定だったことなど、驚きのエピソードが次々と出てきます。宮本さんは、自分とドロシー役の矢島さんが一番若かった現場だったことから、周りを固めるベテランたちの重厚な演技が見どころと語ると、片山監督がレギュラーが少ない分、ゲストを豪華にできたのだと明かしました

そしてファンへとメッセージが贈られました。さとうさんは自分なりに全スタッフと一緒に勝負をしていった作品をしっかりと目に焼き付けてほしいと呼びかけました。そして小中さんはThird Seasonへの楽しみにしていると続編への意気込みを。宮本さんは一緒に朝まで観ることを告げました。そして片山監督から今回の評判によってはSecond Seasonのオールナイト上映もあるかもしれないといい、その際はぜひ矢島さんにも来てもらい5人でトークが出来たら嬉しいとファンの期待を煽りました。

最後は宮本さんによる決めゼリフを披露。
「雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。土曜の夜、朝までぶっ通しでアニメを観る人間がいてもいい。それが自由というものだ。それではみなさん、朝まで楽しみましょう。ビッグオー!ショータイム!」
大きな拍手がわき上がり、トークショーは終了となりました。この「ビッグオー!ショータイム!」以外のセリフは宮本さんのアドリブ。

その後、オールナイトで『THE ビッグオー』のFirst Seasonとなる13話をまるまる堪能したファンたち。13話上映後に抽選でポスターがプレゼントされました。このポスターの抽選結果は朝まで一緒に上映を楽しんだ宮本さんが読み上げました。宮本さんはオールナイトでファンと一緒に自分の出演した作品を楽しむといった機会は今回が初めてだったとのことで、本当に嬉しそうな笑顔でファンへと感謝の言葉を伝え、オールナイトイベントは終了となりました。

最終日となる9月16日(土)の『シティーハンター』のオールナイト上映もレポートを近日掲載予定。お楽しみに。

【上映話数】
ACT:01 Roger The Negotiator
ACT:02 Dorothy Dorothy
ACT:03 Electric City
ACT:04 Underground Terror
ACT:05 Bring Back My Ghost
ACT:06 A Legacy of Amadeus
ACT:07 The Call from The Past
ACT:08 Missing Cat
ACT:09 Beck Comes Back
ACT:10 Winter Night Phantom
ACT:11 Daemonseed
ACT:12 Enemy as Another Big!
ACT:13 R・D


『サンライズフェスティバル2017 翔雲』

【日程】
●第1部 8/11(金)~8/25(金)
●第2部 9/2(土)~9/16(土)
全30日間(レイトショー・通常上映:23回、オールナイト:7回)

【会場】 新宿ピカデリー、テアトル新宿、TOHOシネマズ 新宿

【公式サイト】http://www.sunrise-inc.co.jp/sunfes/

【オールナイト】 ※全て終了
8/11(金)プラネテス
8/12(土)機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
8/19(土)聖戦士ダンバイン
8/25(金)無限のリヴァイアス
9/ 2(土)魔神英雄伝ワタル 秋祭り2017
9/ 9(土)THEビッグオー
9/16(土)シティーハンター [30周年]


【サンライズフェスティバル2017 翔雲 レポート記事】

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】湿っぽいのはらしくない。田中一成さんとの思い出トークに心が打たれた『プラネテス』オールナイト トークショー レポート

世界が注目する『機動戦士ガンダム サンダーボルト』遂にインターナショナル版トレーラー公開!!サンライズフェスティバルトークショーのレポートも到着!!

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】湖川友謙氏によるライブドローイングも!『聖戦士ダンバイン』オールナイト上映 トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】裏話も満載のクロストークで盛り上がった『無限のリヴァイアス』オールナイト上映 トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2017 翔雲】秘蔵のイラストが蔵出しされたブックレットにファン感涙!「魔神英雄伝ワタル 秋祭り2017」トークショー レポート


【サンライズフェスティバル2016 満天】関連記事

マグナムエースとマッハウインディ、ダブル主人公のキャストも登壇した『疾風!アイアンリーガー』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】『TIGER & BUNNY』プロジェクトへのリクエストコーナーもあった『新規5.1ch版 THE SOUND OF TIGER & BUNNY』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】坂本真綾、デビュー作を振り返って涙『天空のエスカフローネ』オールナイト トークショー レポート

【サンライズフェスティバル2016 満天】制作の裏側まで熱く語られた『コードギアス 反逆のルルーシュ』オールナイト トークショー レポート

©SUNRISE


 


【関連記事】

【サンフェス】サンライズフェスティバルが今年も開催決定!『サンライズフェスティバル2017 翔雲』

2017/09/19
アニメ イベント レポート 声優

アニロコのオススメ!

人気ランキング