今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

Aimerによる主題歌「花の唄」も披露。キャストとスタッフの作品愛が熱く語られた 劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel] Ⅰ.presage flower」初日プレミアイベント付舞台挨拶レポート

171014_fate-sn_01

多くのファンを持つ『Fate』シリーズ。その原典である『Fate/stay night』第三のルートを全三章で劇場アニメ化。その第一章となる劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel] Ⅰ.presage flower」が本日10月14日(土)より公開された。

その初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9にて開催。須藤友徳監督、キャラクターデザインの碇谷敦氏、美術監督の衛藤功二氏、撮影監督の寺尾優一氏、制作プロデューサーの近藤光氏、そしてキャストから衛宮士郎役の杉山紀彰、間桐桜役の下屋則子、セイバー役の川澄綾子、言峰綺礼役の中田譲治、ランサー役の神奈延年が登壇。Aimerによる主題歌「花の唄」も披露された初日プレミアイベント付舞台挨拶の様子を少しだけお届けする。

総勢10名におよぶゲストたちが会場からの大きな拍手とともにステージへ。スタッフ、キャストで交互にファンたちへの挨拶を行っていったのだが、キャストによるセリフの生披露などもありファンをわかせていた。

171014_fate-sn_02

トークでは、まず須藤監督から初日を迎えた感想が語られる。自身も原作のファンだという須藤監督。そのアニメ化作品に携われたことはとても幸運だと笑顔をみせた。またそれぞれの章に一言で言い表せるコンセプトをつけるというやり取りがあったそうで、この第一章では「日常が崩壊する話」にすると決め、その崩壊する日常をいかに描くかを考えながら構成していったという。カメラワークをつけない、音楽を極力流さないといった形で体感として長く感じられるような演出が日常シーンで行われていると語られた。

続いてはキャストたちから、本編を観た感想や自分たちのキャラを演じた際の思い出なども語られる。本編の細かな表現をはじめ、そこから感じられる作品への愛情、映像に込められた衝撃的なまでのエネルギーに圧倒されたといった感想が挙げられていく。杉山からは台本チェックの際につい話に引き込まれてしまい、夢中になって読み進めてしまったエピソードを語り、一視聴者としても没頭してしまうような作品であると語られた。下屋は公開スタートとなる今までは未解禁とされていた部分のストーリーに触れ、その部分を演じられたことへの感謝の気持ちを感極まり声が震えながら告げる場面もあった。

171014_fate-sn_03 171014_fate-sn_04 171014_fate-sn_05 171014_fate-sn_06 171014_fate-sn_07

キャストたちからの絶賛の声があがった映像について、どういった形で作られていったのか、またどういう所に注力したのかも、スタッフたちによって語られた。全体の三分の一程度の演出を担当したという碇谷氏だが、ある程度できた状態で見た時に本編の手応えを感じたという。美術監督の衛藤氏は以前のTVアニメ『Fate/Zero』や『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』では魅せる背景を意識していたそうだが、本作ではキャラクターが立つ映像になるようにとの須藤監督の指示から、キャラクターへと視線が向くような絵作りを心がけて作ったことが語られた。さらに撮影監督の寺尾氏は映像に関して『Fate』が『Fate』たらしめるものとして、圧倒的なクオリティやディティール、ニュアンスだったりすると考え、普段手が届かないようなところまで探してみたりということをやっていったとそのこだわりを口にした。

そんなスタッフたちの努力によってフィルムができあがっていき、どんどん良くなっていくのを感じてとても嬉しかったと近藤氏。最初は須藤監督の愛ゆえに150分くらいあったコンテが、何度も直し、今の時間に収めたのは実は最近のことだという。また、その直したコンテによって収録も録り直しが発生していたことが明かされた。そうして全ての音もつけ終わり、須藤監督と一緒にその映像を観た時、須藤監督の一言めが「桜、可愛かった」だったそう。これには会場から大きな笑い声と拍手が贈られていた。そして出来上がったフィルムに関して、本作でufotableは一歩前に進めたのではないか、とその手応えを語っていた。

171014_fate-sn_08

そして一度ゲストたちが降壇すると、Aimerによる主題歌「花の唄」のライブへ。本作の音楽を担当する梶浦由記によってプロデュースされた曲。世界観を見事に表現したこの楽曲を、Aimerの美しい歌声で劇場に響かせ、舞台挨拶を彩った。

Aimerの歌の余韻の残る中、再びゲストの10名がステージへ。最後に出演者を代表し須藤監督が挨拶。ファンへの感謝の気持ちと続く二章、三章への意気込みが語られ、舞台挨拶は幕を閉じた。


劇場版 Fate/stay night[Heaven’s Feel] Ⅰ.presage flower

大ヒット上映中!

■MAIN STAFF
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON 監督:須藤友徳 音楽:梶浦由記 アニメーション制作:ufotable

■MAIN CAST
衛宮士郎:杉山紀彰 間桐桜:下屋則子 他

【公式サイト】 fate-sn.com 【公式ツイッター】 @Fate_SN_Anime

©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

※上映劇場詳細は公式サイトをご参照ください


 


【関連記事】

劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel] Ⅰ.presage flower」の主題歌アーティストはAimerに決定!

TVアニメ『Fate/Apocrypha』主題歌アーティスト決定!オープニングテーマはEGOIST、エンディングテーマをGARNiDELiAが担当

【AnimeJapan 2017】新情報が続々発表!『Fate/Apocrypha』キャストもサプライズで登壇した「Fate Project 2017スペシャルステージ」 レポート

Fate/EXTELLA × TOWER RECORDS × Bookmark 浅草橋 ~新年 領域支配権争奪戦~が2017/1/7より開催決定!!

『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』プレミアム上映会を開催!

2017/10/14
アニメ イベント レポート 声優 音楽

アニロコのオススメ!

人気ランキング