今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

現在、全世界で超絶ヒットを記録している『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 日本の公開を祝し羽海野チカ(『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』)氏よりイラスト&コメント到着

171105_itthemovie_01

発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきたスティーヴン・キング原作の「IT/イット」。

キング史上最恐と謳われる「IT/イット」をギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(配給:ワーナー・ブラザース映画)がついに11月3日(金・祝)より日本で公開となった!!

2017年9月8日に全米で公開されるや2位以下に大差をつけて週末興行ランキング1位を獲得!あっという間にホラー映画の金字塔『エクソシスト』を抜き去りホラー映画史上最大のヒットとなり10月23日現在、全世界で6.5億ドル(約715憶円=1ドル110円)を超える超絶ヒットを記録している。

満を持して迎えた日本の公開を祝し『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』で幅広い層に人気の漫画家、羽海野チカ氏より4枚のイラストとコメントが到着した!

171105_itthemovie_02 171105_itthemovie_03

※kome※

羽海野チカ氏コメント
あんなに あんなに怖かったのに、観終わって残ったのは映像の底にずっと流れていた こみ上げるような懐かしさ…
羽海野チカ(漫画家)

171105_itthemovie_04

※kome※

丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか大ヒット上映中!

【STORY】
“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。
しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ 出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:itthemovie.jp

2017年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/135分/原題:IT

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
Photograph : Shane Leonard


 


【関連記事】

TVアニメ『3月のライオン』Blu-ray&DVD最新情報!完全生産限定版の追加特典として、対象店舗にて予約すると先着で原作者の羽海野チカ描き下ろし特典をプレゼント!

『3月のライオン』羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~にて第2弾キービジュアル解禁!

2017/11/05
マンガ・ラノベ・本 特撮・実写

アニロコのオススメ!

人気ランキング