今日はもうチェックした?

アニメやゲーム、声優などのニュースをお届け!

『逆転裁判6』2つの国を舞台に2人の主人公が活躍!今作のライバル検事が遂に公開!

151228_gyakuten6_01_KV

日本とクライン王国、2つの国を舞台に、成歩堂龍一と王泥喜法介のW主人公が逆転劇を巻き起こす「逆転裁判」シリーズ最新作『逆転裁判6』。

2つの国を舞台に2人の主人公が活躍!今作のライバル検事が遂に公開となった!


【『逆転裁判6』とは】

160211_gyakusai6_01

160211_gyakusai6_02

『逆転』シリーズ最新作である『逆転裁判6』の主人公は、成歩堂と王泥喜のW主人公!
成歩堂はクライン王国、王泥喜は日本を舞台に、それぞれが主人公となって、物語が展開していくのだ。

160211_gyakusai6_03

成歩堂 龍一と王泥喜 法介、2人の主人公がクライン王国と日本の2つの舞台で巻き起こす逆転劇!!


【立ちはだかる新たな検事は、クライン出身の国際検事!!】

160211_gyakusai6_04

クライン王国の敬虔な高僧でもあるナユタ。法廷は「被害者のトムライの場」と考えており、裁判中、説法や呪文を交える。そうかと思えば、その風貌に似合わぬとんでもない毒舌を吐くことも。
時折、相手を諭す時などには、クライン語で「サトラ!」と叫ぶ。

160211_gyakusai6_07 160211_gyakusai6_05 160211_gyakusai6_06

トムライの検事 ナユタ・サードマディ
クライン王国の検事。国際検事として世界中の法廷で裁判を行う資格も持つ。
裁判に対して独自の考えを持ち、裁判は被害者のタマシイをとむらう儀式であり、罪人を裁くことがタマシイの救済になる、と考えている。
弁護士はその救済をはばむ者と捉えており、強い敵対心を持って挑んでくる。
物腰はやわらかく、普段から丁寧な口調で話すが、憎むべき犯罪者や弁護士に対しては、穏やかな表情のまま容赦なき言動をあびせる。

「罪人を裁き、必ずや被害者の御魂を冥界へと導きましょう。」


 

150917_GS6_01

逆転裁判6
プラットホーム:ニンテンドー3DS
ジャンル:法廷バトル
発売日:2016年予定
希望小売価格:未定
プレイ人数:1人
CERO:審査予定

【『逆転裁判6』公式サイト】http://www.capcom.co.jp/gyakutensaiban/6/
【逆転シリーズ公式Twitter】@Gyakuten_capcom

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


【関連記事】
・『逆転裁判6』に希月心音の登場が判明!!

・『逆転裁判6』東京ゲームショウ2015にてプロモーション映像を公開!!

・アニメ化異議なし!!TVアニメ『逆転裁判』2016年4月放送決定!!

・「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- in 浅草花やしき」期間限定コラボイベント、いよいよ21日より開催!

・舞台「逆転裁判2 ~さらば、逆転~」再演の開廷に、異議なし!!!


 

2016/02/12
ゲーム

アニロコのオススメ!

人気ランキング